芸能

大河よりも壮大「宮沢りえ殿」の男13人(2)「恋愛は常に前のめりで」

 休養を経て復帰した宮沢は、反転攻勢に打って出る。その契機となったのが、映画「たそがれ清兵衛」(02年、松竹)。この作品で日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞に輝いたのだ。

「それまで女優としての評価は決して高くなかった。本人も『演じているというより、素の自分に演出のほうが合わせてくれていた』と言っていたぐらいでしたが、この受賞とともに実力が伴ってきたという印象があります。ただ、私生活の男の出入りも激しくなっていきました」(沖氏)

 英雄色を好むとは、男にだけ当てはまるものではないらしい。03年、当時は現役だったサッカー選手の中田英寿氏(45)と濃厚キス写真が流出。その3年後にも「DA PUMP」のISSA(43)と深夜のバーで頬を寄せ合っているツーショット写真まで出回ってしまう。芸能プロ関係者が明かすには、

「当時、宮沢の本命はジュエリーデザイナーの男性でした。怪しげな写真が出回った頃は、まさに交際中。ゴールイン目前とみられていたのですが、りえママの反対にあっていたらしく、結果的に交際4年を経て、別れることに。流出写真の影響があったのでは‥‥」

 そして、ようやくりえママのお眼鏡にかなう男性が現れる。前夫となる元サーファーで実業家の男性である。07年から始まる交際のきっかけは、CM撮影でハワイに赴いた宮沢をコーディネートしたこと。09年2月にデキ婚を果たすも、3年後には離婚協議中であることが発覚する。親権を巡る争いは長引き、16年3月に正式に離婚を発表するに至った。

 ただ、離婚協議中も宮沢の肉食ぶりは止まらなかった。芸能ライターが解説する。

「13年に、舞台で共演した俳優の小久保寿人(37)と急接近。宮沢と娘と3人で自宅に帰る様子がスクープされました。その2カ月前には、同じ舞台で共演していた俳優の古田新太(56)と手つなぎデートが激写されている。その舞台で宮沢はパンツを生脱ぎして、男を誘惑する場面があったので、役どころと私生活が一致しているのかと騒然となりました。それでも宮沢の熱愛は続いて、2年後に舞台で出会った劇作家で俳優の赤堀雅秋(50)の家を訪問する様子が報じられました。宮沢は森田と出会う16年まで自由奔放すぎる恋愛劇を展開したせいで、森田との交際当初はファンから男を手玉にとる悪女と思われていました」

 宮沢は当時を振り返り、自身の恋愛観を故・瀬戸内寂聴氏との対談で「愛する存在がいてくれることはエネルギーの源であるような気がします」と告白していた。そして、「10代の頃から仕事をして、本当に『立ち止まる』ということが、まずなかったですね。仕事でも恋愛でも、常に前のめりというか、自分からつかんできた」と明言している。

 大河ドラマで宮沢が演じるのは、牧の方。年の離れた夫である北条時政を骨抜きにする色香を放つ一方で、夫の権力欲を焚きつける策略家の一面を持つ。そんなしたたかな悪女を演じられるのも、私生活で「夜の将軍」たちとの経験があったからなのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」
4
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
5
元阪神・糸井嘉男がラジオ生放送で「不適切発言」のアタフタ現場