スポーツ

掛布雅之 若手3人のバッティングは目をみはるものがある

 私が現役当時はキャンプで用意された部屋も今のように1人1部屋ではなく、2人1部屋、はたまた3人1部屋、さらに7人の大部屋だった時だってありました。偶然にも私が二軍キャンプで汗を流していた頃、一緒の部屋になったのが平田二軍監督。今のキャンプでも2人で当時を懐かしんで「あの時を思い出すね」といった話をしたりもしています。

 その点、現在の選手たちは非常に恵まれています。成長するための周囲の準備は整っているだけに、若手たちのスキルの習得もずば抜けて早いわけです。

 特に北條史也や原口文仁、狩野恵輔の3人のバッティングは目をみはるものがあります。

 北條に対しては、キャンプ初日に私が打撃投手として投げ、そのフォームを投手の角度からも眺めましたが、投手から見てバットの出どころがわからないほどみごとにバットが体に巻きつき、スイングも以前に比べて全体的にコンパクトになってきています。また、秋季キャンプでも掲げていたレベルでのスイングも身についていて、打ち損じが少ないのはキャンプと自主トレを通しての彼の成果。北條は質のいいライナー性の当たりを放てる選手へと成長しています。

 育成選手として阪神に戻ってきた原口のバッティングは、とにかくシンプル。スイングも最短距離でボールを捉えられるようになり、確実性がグンと上がっているのが驚くべき点です。これには「ホームランよりも質のいい当たりを」という本人の意識作りが大きく影響している。あえてホームランにこだわらないことで強いライナー性の当たりも出るし、スイングもうまい具合に力が抜けて、逆にホームランを打ちやすくなっています。

 そして、狩野もまた自分のバッティングスタイルを確立しつつある選手。今回の春季キャンプでは、動画を撮影してスイングの際に左足を今以上にきちんと踏み込むように、重点的に指導しています。あとは彼の感覚のみ。本人が何度も試してみて、しっくりとくる左の踏み込みを習得できれば、フォームはさらに改良されると信じています。

 もちろん沖縄組の若手たちの成長にも目を光らせたいと考えています。今回の春季キャンプの日程では、基本的に私は安芸組の指導に当たりますが、第3クールの13~16日の4日間だけは沖縄の宜野座に行き、沖縄組の紅白戦を観戦する予定になっています。その試合の中で伊藤隼太や緒方凌介など、沖縄組の若手選手たちがどのように進化しているのかをチェックしたいと思います。

 沖縄組でも高知組でも、春季キャンプは一軍も二軍もサバイバル。我々コーチ陣は、そのためのムード作りや成長するヒントを与えてあげるのが最大の役目でもあるのです。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性