スポーツ

元横綱・朝青龍が語った「現役時代のライバル」白鵬への“ホンネ”とは?

 3年ぶりの有観客で、大阪開催の大相撲春場所が3月13日に初日を迎えた。熱戦に沸くエディオンアリーナ大阪の花道に間垣親方(白鵬)の姿も見えて、いよいよ盛り上がる大阪三月場所である。

 新大関・御嶽海(みたけうみ)と新関脇・若隆景(わかたかかげ)が初日を飾るものの、次代を担う、新関脇・阿炎(あび)と新小結・豊昇龍(ほうしょうりゅう)は、残念ながら、黒星発進となった。しかし、荒れる春場所である。新三役の今後の「番狂わせ」に期待したい。

 さて、同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」第44番は、「終盤の粘り」である。

 若き白鵬が、新小結として迎えた2005年一月場所で、初日の対戦相手となったのは、横綱・朝青龍。押し出されての黒星スタートだった。ちなみに、今場所、2022年大阪春場所で黒星スタートした新小結・豊昇龍の対戦相手は第73代横綱・照ノ富士(てるのふじ)。奇しくも、新三役にたちふさがる同郷モンゴルの横綱の壁。“歴史は繰り返す”である。

 「白鵬本紀」に話を戻すと、05年の新小結・白鵬は、2日目から5連勝! 魁皇、千代大海の2大関を破っての11勝4敗。初の技能賞を受賞することになる。

 そして、三月大阪春場所では、新関脇に昇進。快進撃が続くかと思われたが、初日からまさかの3連敗…!

果たして、勝利の女神は新関脇・白鵬に微笑むのか!?

「白鵬本紀」第44番 「終盤の粘り」は、3月15日発売の「週刊アサヒ芸能」3月24日号に掲載。はっけよい! 待ったなし!!

 なお、同号では、第68代横綱・朝青龍関に独占取材を敢行。モンゴルで実業家として活躍する朝青龍関ことドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ氏は、現役時代、ライバルだった白鵬への“ホンネ”を語ってくれている。

「記憶に残る取組は朝青龍関に勝った金星と63連勝後、稀勢の里関に負けた一番です!」と語った白鵬。数々のライバルたちとの名勝負を描いたトクマコミックス「白鵬本紀」第3巻「生涯のライバル現る!」が発売中である。日々、勝負しなければならない男たちに、その本質を教えてもくれるエキサイティングな若き日の白鵬が躍動する「白鵬本紀」第1巻「英雄の子」、第2巻「白鵬のいちばん長い日」と併せ、一気読みのチャンス到来と言えよう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…