スポーツ

元横綱・朝青龍が語った「現役時代のライバル」白鵬への“ホンネ”とは?

 3年ぶりの有観客で、大阪開催の大相撲春場所が3月13日に初日を迎えた。熱戦に沸くエディオンアリーナ大阪の花道に間垣親方(白鵬)の姿も見えて、いよいよ盛り上がる大阪三月場所である。

 新大関・御嶽海(みたけうみ)と新関脇・若隆景(わかたかかげ)が初日を飾るものの、次代を担う、新関脇・阿炎(あび)と新小結・豊昇龍(ほうしょうりゅう)は、残念ながら、黒星発進となった。しかし、荒れる春場所である。新三役の今後の「番狂わせ」に期待したい。

 さて、同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」第44番は、「終盤の粘り」である。

 若き白鵬が、新小結として迎えた2005年一月場所で、初日の対戦相手となったのは、横綱・朝青龍。押し出されての黒星スタートだった。ちなみに、今場所、2022年大阪春場所で黒星スタートした新小結・豊昇龍の対戦相手は第73代横綱・照ノ富士(てるのふじ)。奇しくも、新三役にたちふさがる同郷モンゴルの横綱の壁。“歴史は繰り返す”である。

 「白鵬本紀」に話を戻すと、05年の新小結・白鵬は、2日目から5連勝! 魁皇、千代大海の2大関を破っての11勝4敗。初の技能賞を受賞することになる。

 そして、三月大阪春場所では、新関脇に昇進。快進撃が続くかと思われたが、初日からまさかの3連敗…!

果たして、勝利の女神は新関脇・白鵬に微笑むのか!?

「白鵬本紀」第44番 「終盤の粘り」は、3月15日発売の「週刊アサヒ芸能」3月24日号に掲載。はっけよい! 待ったなし!!

 なお、同号では、第68代横綱・朝青龍関に独占取材を敢行。モンゴルで実業家として活躍する朝青龍関ことドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ氏は、現役時代、ライバルだった白鵬への“ホンネ”を語ってくれている。

「記憶に残る取組は朝青龍関に勝った金星と63連勝後、稀勢の里関に負けた一番です!」と語った白鵬。数々のライバルたちとの名勝負を描いたトクマコミックス「白鵬本紀」第3巻「生涯のライバル現る!」が発売中である。日々、勝負しなければならない男たちに、その本質を教えてもくれるエキサイティングな若き日の白鵬が躍動する「白鵬本紀」第1巻「英雄の子」、第2巻「白鵬のいちばん長い日」と併せ、一気読みのチャンス到来と言えよう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」
5
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ