エンタメ

ここまでヤル!?美人「野球女子」が“お風呂動画”で魅せた大胆アピール

“神スイング”で迫力あるスイングとともに美しいスタイルを世に知らしめたタレント・稲村亜美や、萩本欽一が創立して話題となった「茨城ゴールデンゴールズ」の人気を牽引したタレント・片岡安祐美が登場して以来、美人“野球女子”が増加。この現象は芸能界だけではなく、YouTube界でも同様だ。

 金髪がトレードマークの〈めいちゅん〉は、打つ・投げるではなく、“捕る”がメインという新ジャンルのギャル系野球女子ユーチューバー。彼女のYouTubeチャンネル〈めいちゅんちゃんねる。Meicyun〉の、2020年7月3日付け投稿回では、バッティングセンターで防具も無しにかなりの速球をビタドメ捕球を披露。しかも、ショーパンから伸びる美脚と、キャッチングのたびにTシャツの袖から見える艶っぽいワキも、男性視聴者を魅了している。

 そして“投げる”ジャンルの美人野球女子ユーチューバーの代表格といえば、元自動車機器メーカー勤務、現在は関西女子野球連盟に所属する「アメイジング」に籍を置く、笹川萌。最速120キロを誇る剛腕の持ち主で、自身のYouTubeチャンネルではアピールポイントである投球にまつわる野球動画が多く投稿されているのだが、なんと3月13日には〈野球女子のリアルなお風呂ルーティン〉と題して、バスタイム動画まで投稿しているのだ。

 そこでは長い髪をお団子にして湯舟に浸かり、胸の渓谷ふもと付近まで白い肌を見せる大サービスぶりで、ファンからはネット上で「野球女子がここまでやるのか! 応援したくなる」「ユニフォーム姿からは想像できない姿。重ね合わせて妄想しちゃう」「さすが野球やってるだけあって、ほどよい肉付きと筋肉。男ウケするボディだわ」などと絶賛の声があがっている。

 今後もさらなるアピールで、ファンを増やして欲しい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション