芸能

鈴木保奈美、“20代の頃の大食い時代”告白も実は今も現役バリバリだった!?

 女優の鈴木保奈美が、3月15日放送の番組「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)に出演。その見た目からは想像できない“大食い”時代について明かした。

「番組では、大食いに目覚めた女性YouTuberについて特集。ここでMCの中居正広が鈴木に『保奈美さんはどうでしたか?食べてる時期もあったと思うんですよ』と話を振ると『20代前半のときに、1人でチョコパイ1箱とか食べてましたね』と告白しています」(番組関係者)

 そんな鈴木の“大食い”を去年離婚した元夫のとんねるず・石橋貴明は知っていたのか気になるが、

「2018年に放送された石橋の冠番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)にて、タレントのYOUに『最初、(鈴木の)どこを好きになったの?』と馴れ初めを聞かれた石橋は、『初めてメシを食べに行った時に、この人、全部食べて。すごい、メシを食う人なんだなって。バクバク食べて。おごりがいがあるなこの人、っていうのが一番最初』と照れながら語っていましたね。ネットでは『男性の前でたくさん食べる女性は嫌がられるというのは、誤ったイメージだと強く広めたい』『惹かれた理由が“食べっぷりがいい”なんて、親近感』など、好感を抱くコメントが寄せられていましたね」(スポーツ紙記者)

 実は、今年1月10日に更新の鈴木のインスタグラムでも“大食い”ぶりは明らかだった。鈴木は「とんかつ初め」と、その日に食べたとんかつの写真をアップ。

「皿には香ばしく揚げられたボリューミーなとんかつが、なんと2枚も乗っており、一人前とは思えぬその量にフォロワーからは『とんかつこの量いけるの凄いです』『すごいボリューム!! まさかお一人で食べたのですか!?』など驚きの声が寄せられました」(エンタメ誌ライター)

 そんな鈴木が、こよなく愛するのが“くるみパン”だという。

「2020年に『カルフォルニアくるみ協会』の主催で開催された『2020 くるみパン・オブ・ザ・イヤー』では、スペシャル企画として“人生の最後に食べたいのはくるみパン”と公言している鈴木が審査員を務める『鈴木保奈美アワード』が行われました。鈴木は当時のインスタでも、そのことを報告。『絶賛試食審査中でございます!何という幸せな日々…』と喜びのコメントを添えて、山盛りのくるみパンの写真をアップしました」(前出・エンタメ誌ライター)

 それにしても“痩せの大食い”とはまさに鈴木のことではないか。大食いなのになぜ太らないのか、その秘訣をぜひとも聞いてみたいものだ。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す