芸能

生見愛瑠「大御所ホイホイ」モテモテ素顔(2)浜田雅功が再共演を熱望した

 実際、視聴者はもとより、共演者人気が高いのもめるるの特徴だろう。

 今やひな檀枠から「メイン司会に最も近い男」と言われている平成ノブシコブシの吉村崇(41)は、

「かつての中村アンや菜々緒のように、めるるはバラエティーから女優に転身しようとしている気がする。バラエティーしかできないみちょぱとは別格」

 と大絶賛。また共演回数も多いというバイきんぐの小峠英二(45)に至っては、「ひとつひとつの現場を楽しんでいる。楽しんでいる感じを周りが見て楽しくなっている。テレビを見ている人も『かわいいねぇ』って思っているんじゃないですかね」

 と、いつもは辛口の男ですらツッコミを忘れてしまうほどの評価の高さなのである。

「とにかく、第7世代やちょっと上の6.5世代の芸人たちがこぞって共演したがるのは、めるるがまったく裏表のないキャラクターだから。パンサーの向井慧(36)も『笑いを取ろうと思ってやっているのか、本当にその時に出た言動なのか、本人にしかわからない。でもそのわからないっていうのがすごい』と独特の賛辞を贈っている。とにかく周りの芸人から『その場にいると和む、助かる』という理由で、芸人からの支持がうなぎ登りなのです」(放送作家)

 さらに、大物芸人に対しても物おじしない度胸のよさも人気の一因。放送作家が続ける。

「かつて『踊る!さんま御殿!!』(日テレ系)に出演した時は私生活で『何もできない』と連呼した。明石家さんま(66)から『何ができんねん』と詰め寄られ『ウインクができます』と即答すると、さんまも爆笑して、そのまま床に倒れたほど。かと思えば、好きな芸人として笑福亭鶴瓶(70)の名前を挙げ、『本当におじいちゃんみたい』と言って、大御所の細い眼を一段と細めたのは有名な話です。さらにはダウンタウンにもタメ口でトークを展開し、若い女性には目がない浜田雅功(58)がたちまちお気に。再共演をリクエストするなど大物キラーとして君臨しています。そのせいもあってか、若手芸人クラスは収録中以外、話しかけにくいらしく、芸人との浮いた話はまったく聞きませんね」

 プライベートでも、芸能界を含めて、あまり友人が多くないというめるる。21年10月27日に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)の「友達が少ない芸能人」企画に出演した際は、自他ともに認める「ぼっち」タレントだとカミングアウトしているのだ。

「実はああ見えても人見知りで、自分から積極的に友達を作るタイプではない。周囲にも『自分から連絡先を聞けないので、全然知らないです』とあっけらかんと答えている。しかも彼女は家にいるのが好きで、編み物をしてアクセサリーや花瓶を作ったり、コロナ禍で友達がいなくても楽しいと、おひとり様を満喫しているのです」(放送作家)

 こうしたプライベートも、ほのぼのと同世代から共感を得ているようなのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった