芸能

「東京03恫喝事件」の真相(下)実際は挨拶に行こうとしていたが…/坂下ブーランの「地獄耳」芸能

 前回、「東京03恫喝事件」の真相がポツポツと語られる時代になってきたと書いた。お笑いトリオの東京03が09年の「オールスター感謝祭」(TBS系)本番前に挨拶を欠いたことで、島田紳助氏(2011年に芸能界を引退)が激怒し、本番中に「お前らなめてんのか!」と詰め寄り、揉み合った一件だ。

 当の東京03の角田晃広は当時について、こう反省している。

「『キングオブコント』で優勝して、ウキウキで行きましたからね。優勝したからこそ呼ばれたお祭りだったんです」

 と、浮き足立っていたことを認めている。挨拶を欠いてしまった理由としては、感謝祭への出演者が大勢のため、逆に挨拶に行くのは失礼になるかもしれないという判断だったそうだが、実は、その決定に影響力を及ぼした芸人がいた。アンガールズの田中卓志だ。

 田中はこの事件に関わったことをまったく覚えておらず、最近思い出したといい、こう後悔を口にしている。

「あの時の前室、03さんと一緒だったんだけど。『紳助さんに挨拶に行ったほうがいいかな?』って俺に聞いて。俺、『行かなくていい』って言っちゃった。でも、本当にこのことは忘れてたの。飯塚(悟志)さんにこの間会った時に、『なんか前室で田中君に言われたような気がするんだけど』って言われた瞬間、鮮明にそのシーンが戻ってきて。申し訳ない。大事件になっちゃった」

 とはいうものの、紳助氏の兄弟子にあたる島田洋七によると、たった1回の無礼だけではなかったようだ。

「東京03と何回も会って、アレやったから言ったらしい。楽屋の前でも会って、トイレのとこでも会って、本番中でも目が合って怒った。紳助、彼らをそんな知らんもん。何かないとさ、いきなり会って『ワーッ!』とは行かへんやん。それなら紳助ただのノイローゼやで」と擁護していた。

 紳助氏は東京03を殴ったかのような激昂ぶりだったと伝えられているが、実際のところ、メンバーの豊本明長は「殴られてないしね」と言い、オードリーの若林正恭も「殴られそうになって下向いてた」と証言している。

 感謝祭の一晩でのギャラは2000万円だという。もしかしたら、興奮する紳助氏の頭にも、さすがにそのことがよぎり、ギリギリのところで抑止力が働いていたのかもしれない。

坂下ブーラン(さかした・ぶーらん)=筆名=:1969年生まれのTVディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティ番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざし奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった