スポーツ

ロッテ・佐々木朗希「完全試合男」を待ち受ける重大試練!(1)マリンスタジアムの地の利

 令和の怪物がついに本領を発揮した。長いリーチから放たれる弾丸のごときストレートと、同じ軌道からホームベース手前でストンと落ちる高速フォークのコンビネーションで奪三振ショーを展開。一躍、22年シーズンの主役に躍り出た新・ミスターパーフェクトを待ち受けるミッションをレポートする。

「メジャーでも即戦力。早ければ、3年以内にストーブリーグの主役になる」

 鼻息も荒くこう語るのは、さる大リーグ球団の極東スカウトである。4月10日のオリックス戦で、完全試合、プロ野球記録を更新する13者連続三振、同タイとなる1試合19奪三振の離れ業を披露したロッテ・佐々木朗希(20)に米球界からラブコールが鳴りやまない。先の極東スカウトもフィーバーぶりに舌を巻く。

「すでに、米球界でエース格のダルビッシュ有(35)や大谷翔平(27)に引けを取らない評価を得ています。しかも、昨季メジャーで問題視された、粘着物を使用した形跡もない。もはや、マイケル・ジョーダンやクリスティアーノ・ロナウドのように『すげー!』と思うしかない存在。パドレスやドジャースをはじめとする複数球団で、佐々木のチェック体制を強化する動きが確認できています」

 まさに、日本球界のスケールでは収まりきらない全世界のトップ・プロスペクト。その歴史的な投球シーンをプレイバックすると、高卒3年目とは思えない圧巻の完成度を見せつけていた。さまざまな球団で指導し投手王国を築いてきた、野球評論家の佐藤義則氏が手放しで賛辞を送る。

「まず驚くべきは、球数の少なさです。本来、19個の三振を奪いながら球数を105球にまとめるのは至難の業。佐々木の場合は160キロ台の直球と150キロに迫る高速フォークでストライク先行の投球が可能だったから、球数を抑えられたのでしょう。簡単にツーストライクまで追い込んでしまえば、真っすぐに振り遅れまいと低めに落ちるボールに手が出てしまいますからね。貧打のオリックス打線が最後まで攻略できなかったのも容易に頷けます」

 もっとも、今回のパーフェクト達成は、本拠地・ZOZOマリンスタジアムの地の利抜きには語れない。

「マリンはフォークを得意とする投手との相性が抜群にいい。マウンドに吹く向かい風の影響で落差が大きくなりますからね。ちなみに“お化けフォーク”の代名詞を持つ野田浩司氏(54)が、95年に1試合19奪三振の記録を樹立したのもマリンでした。ただでさえ、手足の長い佐々木のフォークは、角度がついて実際の変化以上に落差を感じるもの。向かい風がフォローして、今後さらなる完全試合もなきにしもあらずですよ」(佐藤氏)

 さしずめ“マリンフォーク”とも呼べる魔球だろうか。日曜日の本拠地開催ゲームでは、快刀乱麻の奪三振ショーの公算が大きい。

 スポーツ紙デスクが解説する。

「井口資仁監督(47)は囲み取材で『1回どこかで休ませる』と明言していますが、あくまでローテを飛ばすのは、本拠地開催でない日曜日のみだともっぱらなんです。そもそも稼ぎ時に佐々木を登板させないワケにはいきませんからね。もし早いイニングでノックアウトされても、翌日のオフを見越して遠慮なくリリーフ陣でサポートできる。今季は“サンデー朗希”が定着しそうですよ」

 登板翌日の月曜日は、ひとしきり佐々木の話題でもちきりになるに違いない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…