社会

若年層から50代まで要注意!「梅毒患者」激増のワケ

 梅毒患者が急増している。

 梅毒は、かつては滅多に感染することがない“幽霊病”と言われていたが、2022年の患者数は過去最多を記録した21年の1.6倍のペースで増加。特に13年からは爆発的に増え、国立感染症研究所によると、昨年は7875人とこれまで最多だった18年の7007人を上回っており、今年はさらに記録を更新しそうなのだ。

 背景には“性行動の変化”があるという。

「患者は男性の場合20~50歳代前半、女性は20歳代が多いですね。増加した要因は様々ですが、SNSなどを通じ、不特定多数との性交渉が増加していることが挙げられます。また、性行動開始の早期化や、同性間性行動の増加も関係しているでしょうね。女性の場合、梅毒はそのまま放置しておくと不妊症の原因になる可能性もあります。複数の人と性行為をする人はまめに検査を受け、パートナーが1人の人は相手が変わるタイミングで検査を受けるようにした方がいいでしょう」(健康ライター)

 17日には人気お笑いコンビ「さらば青春の光」がYouTubeチャンネルで人間ドックの結果を公表し、東ブクロは、「梅毒検査は異常なし」と明かしている。“女癖”が悪いことで知られる東ブクロだが、自ら梅毒の陰性を証明したのは、彼なりの誠意だったのかもしれない。

 いずれにしても、思い当たる節がある人は、検査を受けるべきだろう。

(ケン高田)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる