スポーツ

「完全試合」「10.8決戦」「日本シリーズ」槙原寛己が激動の1994年を激白

 千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希が、日本プロ野球史上16人目の完全試合を達成しているが、今から28年前の1994年、史上15人目の完全試合を成し遂げた元巨人の槙原寛己氏にとって、この年は忘れられないシーズンであろう。

 日本シリーズで、西武相手に2戦目と6戦目に先発。完封と完投勝利を収め、シリーズ2勝で最高殊勲選手に選出されたのだ。

 しかしながら、この直前のペナントレース最後の試合で、槙原氏はハードラックを味わっていた。国民的行事と称された、同率首位で並ぶ中日との「10.8決戦」である。

 槙原氏は先発でマウンドに上がるも、2回に2点を失い降板。斎藤雅樹氏、桑田真澄氏といった「巨人三本柱」の豪華継投により、巨人は「6対3」で勝利を拾ったが、槙原氏にとっては苦々しい思いが残ったことだろう。

 元巨人・江川卓氏のYouTubeチャンネル「江川卓のたかされ【江川卓 公式チャンネル】」の4月20日付け投稿回に出演した槙原氏は、次のように回想した。

「『10.8』で散々な思いしてるんで…。スゴい裏切った感がボクはあったんで、日本シリーズでなんとかするしかないと思って」

 結果、名誉挽回を胸に秘めた「完全男」の面目躍如となったのだ。

 これら一連の話を受けて、「3本の矢は折れないということですね。 1本でも欠ければ折れやすい」といった、戦国武将の毛利元就が3本の矢を一度に折ることは難しく、協力の意義を説いたとされる「3本の矢」の故事にならった視聴者のコメントも見受けられた。

「10.8決戦」では7回からリリーフとしてマウンドに上がった桑田氏が胴上げ投手になっているが、日本シリーズでは1戦目に先発するも、打ち込まれて敗戦。槙原氏がリカバリーしており、「巨人3本柱」の協力関係は強固だったのだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意