スポーツ

「騎手リーディングTOP3」で大儲けだッ(2)東京の長距離は割り引きが必要

 東のトップは現在41勝で全国3位につけている横山武史騎手(23)だ。20年に関東リーディングを史上最年少で獲得し、昨年は皐月賞をエフフォーリアで制するなどGI5勝をあげる大活躍。勝ち鞍も初の3ケタを記録した。スポーツ紙美浦担当記者によれば、

「ダービー(東京芝2400メートル)こそ2着惜敗でしたが、菊花賞では4番人気のタイトルホルダーで華麗な逃走劇を演じてみせた。さらに天皇賞・秋(東京芝2000メートル)もエフフォーリアとのコンビで制し、確実にステップアップしましたね。社台系の騎乗依頼がグッと増えています」

 平均単勝人気を見ても、20年の22.4倍から、昨年は一気に13.4倍までアップしている。とはいえ、川田騎手とは異なり、成績にはバラつきが目立つ。

「中京はコースごとの隔たりが多少あるものの、得意とみてよさそう。集計期間中のトータルでも3着内率は32.6%(複勝回収率94%)でしたからね。一方、阪神では3着内率が17.1%(複勝回収率47%)と、まだ結果を残せていません」(伊吹氏)

 中京と同じ左回りの東京にしても、芝2000メートルでは好成績を残しているが、

「芝、ダートを問わず、2000メートル超のレースでは3着内率が20.0%(複勝回収率33%)と、割り引きが必要です。ちなみに東京芝コースの3着内率は、20年以前よりも大幅にアップしていますが、とにかく単複の回収率が低い点が気になります」(伊吹氏)

 現時点では人気先行のようだが、そこは本人も自覚しているという。

「19年の秋に短期免許で来日した憧れのL・デットーリ騎手(51)の騎乗を見て、かなり刺激を受けていました。理想のヨーロピアンスタイルを目指して、鞭の持ち替えや体幹トレーニングなど日々、取り組んでいます。もともと右利きですが、今では食事や執筆、ボウリングやダーツに至るまで左手で器用にこなしている。もちろん、川田騎手との技量の差は歴然ですけど、川田騎手が23歳だった頃と比べれば見劣りしませんし、騎乗馬や信頼度は上でしょう」(美浦担当記者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ