スポーツ

監督賞の金額は「背番号」だった!星野仙一の「ちょっと粋な」計らい

 東海テレビのYouTubeチャンネル「【東海テレビ公式】ドラHOTpress」に、プロ通算219勝で名球会入りを果たした山本昌氏と、セ・パ両リーグでホームラン王に輝いた山崎武司氏の、ともに中日で活躍した実績のある両氏が出演。

 かつて中日には、勝った試合に貢献した選手には、球団から支給される「監督賞」という臨時ボーナスがあったそうで、星野仙一監督(当時)の「粋な話」を山本昌氏が明かした。

「山本昌&山崎武司 プロ野球やまやま話『宿命のライバル 巨人』」(4月25日付け投稿回)でのことである。

「完封で30万円とか貰ったり…」と振り返った山本氏。その額は多くはないようで、山崎氏も「(山本)昌さんとかエース格はあんまり貰えないんだよね…」。

 というのも「若いやつに賞金回せよ」が星野監督の方針で、「監督賞」は若手優先。

「1軍に上がってすぐの選手が、バント1回成功したぐらいで15万貰ったりね。オレ完封したんだけど、みたいな…」と苦笑交じりの山本氏だが、こんなこともあった。

 山本氏はアメリカに野球留学した経緯があり、帰国後の試合(1988年8月30日の広島戦)でリリーフ登板して初勝利。星野監督が示した「監督賞」の金額は、山本氏の背番号「34」にちなみ、34万円だったという。

 もっともそれ以来、どんなに活躍しても「34万円以上、貰ったことがない。プロ初勝利の34万円がいちばん多かった」と回顧。ある意味、粋なエピソードではあるのだが…。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン