スポーツ

谷繁元信が真っ先に脱落!プロ野球中継「配球予測」企画の爆笑舞台裏

 1球ごとに配球を予測し、的中の有無によってポイントが加算。そして最終的に「配球王」を決める──。

 昨年4月15日に日本テレビ系で放送されたプロ野球中継「巨人×中日」で、そんな企画があったのを覚えているだろうか。

 江川卓氏、川上憲伸氏、谷繁元信氏、里崎智也氏、石原慶幸氏といったプロ野球OBにタレントの亀梨和也が加わり、里崎氏がその「配球王」の座を手に入れたのだが、5回裏終了時に1人脱落となるルールの中、最初の脱落者は谷繁氏だった。

 その谷繁氏のYouTubeチャンネル〈谷繁ベースボールチャンネル〉に江川氏が出演。4月29日付け投稿回で「配球王」を振り返って「いちばん最初にボクいなくなったんですよ」との谷繁氏に「大正解ですね」とスタジオを笑いに包んだ江川氏。その心は…。

「その日のキャッチャー、ピッチャーと谷繁さんが全然違うから起こりうるわけで、いちばん考え方の違う人が落ちる」

 これに対し、谷繁氏は次のように回想した。

「あの時のキャッチャーになりきれなかった…。あの時のキャッチャーになりきって、球種を選ばないといけない番組なんですよね」

 今だから理解できると話す谷繁氏だが、そもそも自信も無かったようで「いちばん最初に(自分が)いなくなるぜ」という予測を的中させていたことも明かし、スタジオの笑いを誘うひと幕も見せた。

 賛否両論入り乱れた「配球王」企画は、今季のプロ野球中継ではまだ実施されていない。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
2
前巨人・山口俊「キャンプインなのに自主トレ」不可解行動で浮上した「スキャンダル暴露封じ」
3
「スシロー」悪質ナメナメ騒動で発覚した「醤油マズイ問題」の対処現場
4
田原俊彦が思わず口走ったジャニー喜多川氏への本音「ジャニーさん、何も考えてないよ」
5
歴史発見!親の仇・織田信長をうならせた…今川義元の子・氏真「名人級の技」