芸能

自宅の和式便所に「体長70センチの南米巨大ネズミ」が住み着いた芸人/坂下ブーランの「地獄耳」芸能

 前回、メッセンジャーの黒田有が幼少時、ネズミに耳をかじられていた過去を紹介した。黒田は、

「昔はこれで死んだ人もおったんよ。首とか噛まれて。だって、家は穴だらけやねんから。そっからネズミ、ボンボン出てきよるがな。自分らのおじいちゃん、おばあさんに聞いてみ。それで死んだ子供とかおるから」

 と、恐ろしい昭和時代について振り返っている。

 それでも、学校で変形した耳をイジられた時は「おもろいやろ」と元気に返していたそうだ。

 おいでやす小田は大阪時代、川沿いに建つ築40年のボロアパートに住んでいたことがある。

 真夏にアルバイトを終え、鍵をかけていない部屋に戻ると、トイレからピチャピチャと物音がする。水漏れを疑い、トイレのドアを開けると、毛がフサフサで尻尾が異常に長い、謎の生物がいたという。小田は腰を抜かした。

「なんとなんと、まさかのヌートリア(南米のネズミの一種)! 和式便器に溜まっている水を飲んでるやないですか! 尻尾まで入れたら70センチくらいのビッグサイズで、ケモノ臭い。しばらくトイレに残臭が漂っとったね」

 その日以降、毎日やってきて、小田は長く鋭い前歯にビビらされることに。

 そんなある日、のちに結婚する彼女が泊まりに来た。彼女が寝た後、ヌートリアが現れないように念じて横になっていたのだが…。

「ホッとした瞬間ですわ。やっぱり来よったんですよ」

 万事休すかと思われたが、「今日は…アカン」と小声で頼むと、ヌートリアはその場から消え、その後、現れることはなかったという。ヌートリアのささやかな恩返しか。

坂下ブーラン(さかした・ぶーらん):1969年生まれのテレビディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティー番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティーの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発を目指して奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫
5
「安倍国葬」裏で勃発!銃撃事件映画を巡るラサール石井と三浦マイルド「罵倒応酬」