スポーツ

不振の清原和博を大復活させた石井浩郎のアドバイスは「左肩のアゴ」だった

 清原和博が西武から巨人に移籍した1年目の1997年。

 開幕4番を任されるも152三振を喫した。これは当時、リーグ新の不名誉な記録であり、清原氏自身、プロ人生最多の三振数でもあった。一時は、巨人ファンの応援ボイコットが生じるといった驚きの事態が記憶にある人もいるのではないだろうか。

 しかしながら、シーズンが終わってみれば、32本塁打、95打点と、巨人の右打者で原辰徳以来の数字を残すに至ったのだが、どうやらこれには、同じ年に近鉄から巨人に移籍した石井浩郎氏のアドバイスがあったようだ。

 槙原寛己氏のYouTubeチャンネル<ミスターパーフェクト槙原>の5月7日付け投稿回に出演した際、石井氏は不振時の清原氏から「石井さん、ボク今どうなってます?」との質問を受けたと告白。

 同じ一塁手のライバルゆえ「教えなきゃいいものを…」とは言うものの、「お前(バットを)振った後、すぐ三塁側を見てる。西武時代を思い出せ。左肩に乗ってたアゴが、打った後は右肩に乗ってた。だから、センター、右中間にホームラン打ってた」と助言。

 そして石井氏は「そこから清原、調子上がるわけですよ。そうすると、また(自分は)ベンチでしょ。何やってるのかな…」と首を捻り、槙原氏の笑いを誘っていた。

 清原氏の復調を「良かった」とも回想し、「敵に塩を送る」の故事にピッタリな、石井氏らしいエピソード。もう一方の清原氏を招いての話も聞きたいところだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」
4
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
5
元阪神・糸井嘉男がラジオ生放送で「不適切発言」のアタフタ現場