芸能

上島竜兵「近所で目撃されなくなった」死の直前の「落ち込み」証言

 お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」のメンバー・上島竜兵さんが5月11日、東京・中野区の自宅で自死した。ファンは大きなショックを受けたが、ビートたけしやダチョウ倶楽部の初期メンバーだった南部虎弾、「志村けんのバカ殿様」(フジテレビ系)などで共演したクワマンこと桑野信義らが追悼コメントを発表。芸能界に与えた衝撃の大きさを感じさせた。

 たけしは公式サイトに「ダチョウ倶楽部」の3人の似顔絵とともに「どんなことがあっても笑って死んで行かなきゃいけないのに、非常に悔しくて悲しい」などとコメントを掲載。40年以上もお笑い界を共に盛り上げてきた上島さんの突然の死に、無念の思いを綴った。

 南部は自身のユニット「電撃ネットワーク」の公式チャンネルで「とにかく、優しくて優しくて、いつも気ばっかり使っている子でした」などと語り、献杯。

 ダチョウ倶楽部と一緒に撮った写真を掲載した桑野信義は「竜ちゃんまで何処かに行っちゃった 殿と飲んでるのかな それとも殿に怒られてるかな… 俺たちゃ寂しいよ…」とコメント。12日には少しブログを休むと書き込んだ。ベテランの芸能ライターが言う。

「自死に及ぶ理由は複数あると考えられますが、近しい人の死が自死の引き金になるとされています。上島さんの場合は『人生の師匠』と慕った志村けんさんの死であり、深い喪失感を味わっていました。近所で目撃されることがガクンと減っていた、との報道もあります。寂しがり屋で、仲間と飲むのが大好きだった上島さんは、コロナで外出機会が激減したことも、気分を落ち込ませたのでしょう。春は自律神経のバランスが乱れることから、自死が多い。他にもいろんな要因が重なってしまったのでしょう」

 ダチョウ倶楽部の肥後克広と寺門ジモンの胸中は、察するに余りある。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】