芸能

フジ・井上清華「めざましフェロモン」の秘密(1)カトパンと誕生日まで一緒

 アヤパン、ナカミー、ショーパン‥‥、アイドルアナを数多く輩出してきたフジテレビの登竜門と言えば「めざましテレビ」。昨年8代目キャスターに抜擢されるや、今やポストカトパンの呼び声が高まる一方なのが、井上清華アナだ。寝覚めに響くその色香と意外な素顔に大接近しよう。

 フジテレビの新旧2大看板アナがバチバチ火花を散らしたのは、4月6日放送の「ホンマでっか!?TV」でのことだった。

 この日は、同番組開始から12年半アシスタントを担当した加藤綾子(37)が最後の出演。番組を卒業するカトパンに花束を手渡すために登場したのが、2代目アシスタントに決まった井上清華アナ(27)だった。花束を贈呈されたカトパンは、司会の明石家さんま(66)に後輩を気遣う形でこう紹介をした。

「フジテレビを背負うエースアナです」

 すると、さんまは、

「お前の後釜に十分か?」

 と切り返したのだ。とっさの逆質問にカトパンは、思わずポロリ失言。

「この番組にもったいない人材です」

 すかさず出演者全員から「もったいないってない!」「私の後釜にはもったいないってことか」など、2人の微妙な関係にツッコミを入れられる顛末となったのである。

 平謝りで舌禍騒動を収めたカトパンだったが、今度は井上アナが、

「『ホンマでっか』は、ちっちゃい頃から見ていた」

 と、年若をアピール。これに対しカトパンは、入社丸4年で番組就任を決めた井上に対し、

「私は2年目です」

 と、キッパリ。2年早いキャリアをアピールするなど、まさに一触即発の一幕となったのだ。

 この新旧対決の内幕に関して、フジテレビ関係者が明かす。

「2人とも入社1年目で局の看板番組『めざましテレビ』に起用されるなど、早くから看板アナとして期待されたキャリアは似ている。今は局上層部から『カトパンの後釜は井上』と号令が出ているほどです。ただ、井上アナは18年入社、カトパンは16年に退社フリーとなっており、同局アナとして被ってはいません。お互いにあまり面識がないため、少しぎくしゃくした関係に見えてしまったようです。実は、2人とも誕生日が4月23日と同じですから、お互いに意識していないわけがないでしょう」

 局幹部の後押しを受け、まんまと女王の座を手中にした井上が晴れ舞台に立ったのは3月25日に行われたプロ野球「ソフトバンクvs日本ハム」の開幕戦。栄えある始球式の大役を務めたのだった。

「絶対にホームまで届かせたい」と極秘トレーニングを積んで、マウンドに立った井上アナだが、サプライズでバッターボックスに立った日本ハム・新庄剛志BIGBOSS(50)に対して、渾身の全力投球は見事にノーバンのストライク。しかもBIGBOSSがまさかの手づかみキャッチ、マウンドまで来てボールを手渡しされる“新庄劇場”で球場は大盛り上がりとなった。しかし、女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏は、どよめきの中でも決定的シーンを見逃さなかった。

「井上アナは早朝番組のキャスターという立場上、ムダな露出を避けようとパンツルックでマウンドに登場。ところが、かえってひらひらした薄手の生地となって、キュッと小股の切れ上がったヒップライン、股布ラインが丸わかりのパン透けを披露してしまったんです」

 ネット上でも〈投げ終わった後、パン線がめちゃ浮き出た。見たかいあった〉〈井上アナ、クロッチ部分まで浮き出てたね。イヤラしいわ~〉などと熱心なファンたちが興奮。隠したつもりが、目の肥えたファンからエロ洗礼を浴びることになったのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】