芸能

「笑点」には生涯出ない…はずが!禁を破った立川志らく「円楽の後釜に」の超現実味

 立川志らくが演芸バラエティー番組「笑点」で、三遊亭円楽の後釜に座るのではないか──。そんな声が上がっている。

 円楽が脳梗塞で倒れてから約4カ月。リハビリ中の円楽に代わって、これまで笑福亭鶴光、ヨネスケ、桂南光ら大物落語家がピンチヒッターを務めてきた。そして、5月15日放送では志らくが出演。司会の春風亭昇太の活舌の悪さをチクリとやって笑いをとるなど、存分に存在感を発揮した。

「笑点」はもともと志らくの師匠・立川談志の企画で始まった番組。しかし、志らくは著書などで「落語=笑点というイメージがいや」などと番組を批判し、「生涯出ない」とまで発言していた。

 ところが5月15日で放送満56年を迎えたことで「禁」を破り、談志の直弟子として初めて出演したのである。

「出だしこそやや緊張した様子でしたが、すぐに場に馴染み、どんどん発言。視聴者を存分に楽しませましたね」

 こう評価するのは、演芸ライターである。

「これまで円楽のピンチヒッターは毎回違う噺家が務めていましたが、もう志らくがずっとやったらいいんじゃないか、と感じた視聴者もいるようです。確かに一人に定着させない限り、毎回出演者を探さなければならないスタッフも大変。円楽が患っている脳梗塞は重症度にもよりますが、元のように回復するのは大変で、時間もかかりますからね。志らくなら人気も知名度も抜群。円楽の復帰までずっと出演するなら、視聴者も納得するでしょう」

 ちなみに5月22日の放送回も、代役は志らく。視聴者の願いが現実のものとなりつつある──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
本田望結が「男性経験人数」をカミングアウト!結婚するのは24歳で…
5
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!