スポーツ

代打安打数の日本記録はこうして作られた!「神宮の神」真中満の初球打法

 古くは「仏のゴローちゃん」と呼ばれた遠井吾郎、「浪速の春団治」こと川藤幸三、また八木裕、桧山進次郎が「代打の神様」と称された。ここぞの代打で実績を残し、人気を博す。なぜか阪神タイガースの選手が多いのだ。川藤に至っては「待ってました、春団治!」との熱狂的な声援が、甲子園球場で聞かれたものである。

 こと記録において、まさに「神様級」の働きをした選手が、神宮球場にもいた。

 2007年のシーズン代打起用回数「98」、代打安打数「31」は、いずれも日本プロ野球記録。元ヤクルトの真中満氏である。

 元巨人・槙原寛己氏のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉に出演すると(5月19日付け投稿回)、記録を残した理由について、

「1球目から振っていかないといけないんですよ。初球を見たら、1ストライク追い込まれるみたいな形になってしまう」

 つまりは不利な形勢に陥らないよう、初球から振る準備に余念がなかったというのだ。

「初回、立ち上がり(自陣の)ピッチャーが良かったら、1回り目はまず代打ないじゃないですか。(中略)1回から3回まではあくびが出そうな状況でも、下を向いて誤魔化すとか…」

 ジョークを交えながら、序盤からゲームに入り過ぎず、自分の打席に向けて集中力を切らさないことを説明したのだった。

 現役時代には、一回転するような独特なフォーム「大回転打法」で話題になった真中氏。代打の切り札にはやはり、独特な個性がつきものである。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史