芸能

吉岡里帆 グラビアでの「くびれバスト」の魅力を再発見

 女優が下積み時代に水着グラビアを飾るのは珍しいことではないが、中でも世の男たちに鮮烈な印象を与えたのは、吉岡里帆(29)ではないだろうか。アダルトメディア研究家の安田理央氏も「豊満バスト史に欠かせない重要なひとり」と唸るのだった。

 安田氏が吉岡を初めて見かけたのは、とある雑誌グラビアだった。黒髪ボブで猫のような瞳に薄い唇の口角を上げ、スレンダーなデコルテから艶かしくふたつの膨らみが隆起する。誌面越しにも「ぽよよん」と音が鳴りそうなほど柔らかで、ビキニから乳房の3分の2以上の素肌を覗かせる。しなやかに締まったくびれも、推定Fカップと言われる豊満な乳房を強調していた。

「いいなあ、と正直に思いました。数年後、僕はNHK朝ドラのファンなものですから、いつものように『あさが来た』(15年)を見ていると、主人公の親友役の子に目が止まりました。真面目で男が苦手そうな、性の匂いを一切感じさせないメガネっ娘。名前は吉岡里帆‥‥え!? あのグラビアの子と同一人物!? この子の服の下に、あのおっぱいがあるの!? と、すぐに気づけないほどのギャップで、衝撃を抱かずにはいられませんでした」

 学生時代から芝居の世界を志し、小劇場や自主制作映画にも出演するなど根っからの俳優志望だった吉岡が初めて脱いだのは、14年。週刊プレイボーイのグラビアで小さなビキニ姿になった。それから16年まで6本のデジタル写真集を発売したほか、アイドル誌「BOMB」でも15年に扇情的なグラビアを残している。

 特に、頼りない極細紐でかなり薄手の薄ピンク三角ビキニを着て、重力のまま生々しいおっぱいの形をあらわにした銭湯でのグラビアは、ブレイク後に“お宝”として発掘され、多くの男たちが重宝した。

 すると17年、吉岡は「週刊プレイボーイ」のインタビューで、「水着グラビアをやりたくなかったですよね」と問われ、こう明かしたのだ。

「はい。撮影のお話をいただいた時、『絶対、私にはできない』ってマネージャーさんとの電話で号泣しちゃいました」

「僕もブレイク前後にインタビューをしていますが、グラビアの話を振ると複雑な表情になり、『不本意だったのかな』と感じました。ですが、グラビア自体いやらしく撮っていないんですよ。例えば綾瀬はるかさんは下積み時代に露わなグラビアをやっていましたが、吉岡さんは写真から物語を感じさせる文学性がある。その上でのあの素晴らしい体が、魅力的なギャップを生んでいます。『週プレ』とがっつり組んで安っぽくしなかったのも、戦略的にうまかったと思います」

 なお、巨乳史の系譜では「河合奈保子さんがルーツにいそう」という。

「河合さんも音楽志向が根強くブレなかった。それに、やはり脱いだ時のギャップは同傾向にありますね」

 一時は封印しかけた里帆パイだが、20年には「里帆採取 by Asami Kiyokawa」で溢れるお椀ナマ乳房を、今年は映画「ホリック xxxHOLiC」で“脱がせ屋”の異名を持つ蜷川実花監督の手腕により、マシュマロ乳が際立つSM風ドエロ衣装をまとっている。

「知名度を上げるために水着になり、おっぱいを見せる人はたくさんいますが、うまくいかない人が大多数。そんな中、こうした現在の活躍を見ると、やっぱり吉岡さんは特別な存在なのだと実感します」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方