芸能

「宇治原」と書いて「クイズ」と読むのはアリか!?「キラキラネーム論争」にロザンが提示した「ナルホド」な話

 黄熱病や梅毒の研究で知られる医師、細菌学者の野口英世(1876年-1928年)。親がつけた名前は「清作(せいさく)」だが、22歳の年にみずから「英世」と改名した。その背景には、坪内逍遥(1859年-1935年)が発表した小説「当世書生気質」の中の「野々口精作(ののぐちせいさく)」なる自堕落な人生を送る登場人物の存在があったようだ。

 法制審議会(法制の諮問機関)の戸籍法部会が、俗に「キラキラネーム」とされるものの「可・不可」について審議、基準案を提示した。お笑いコンビ、ロザン(宇治原史規、菅広文)がYouTubeチャンネル〈ロザンの楽屋〉で早速、この話題を取り上げている(5月22日)。

 大空(すかい)、騎士(ないと)、光宙(ぴかちゅう)は認められる可能性があるが、一郎(たろう)、高(ひくし)は認められない可能性があるとされていることから、

「『宇治原』って書いて『クイズ』と読ませるのはええんやな。ええってことでしょ。『菅』って書いて『クイズ』はアカンわけや。さっきの『高(い)、ひくし』の話から…ってことなんじゃないの」

 と冗談めかして一例を挙げた菅に、宇治原は「そうか、ナルホド…」と頷いた。

 1993年、東京都昭島市で生まれた赤ちゃんに「悪魔」と名づけ、両親が市役所に提出するも却下された件が当時、ニュースとして報じられた。

 奇抜な「キラキラネーム」が認められる一方、子供の自由意思で改名可能な世の中になる日も、いずれ日本に訪れるのか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
3
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
4
石川秀美が松本伊代を圧倒!56歳「バストは現役バリバリ」奇跡の膨らみ
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」