芸能

錦鯉は「50歳おバカの大冒険」…「M-1」で優勝するのはキャッチコピーがイケる芸人だった

「不発の核弾頭」「電光石火の三重殺(トリプルプレー)」「邪悪なお兄さん」と聞いて、1992年から99年まで放送された「ボキャブラ天国」出演者のキャッチコピーだと分かった人は、かなりのツウだ。答えはそれぞれ、爆笑問題、ネプチューン、海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)である。

 ナイツ・塙宣之のYouTubeチャンネル〈ナイツ塙の自由時間〉に「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)、「帰れマンデー見っけ隊!!」(テレビ朝日系)、「水曜日のダウンタウン」(フジテレビ系)など数多くのテレビ番組で放送作家を務める、飯塚大悟氏が出演。

 放送作家は、芸人のキャッチコピーを考える機会が多い。その際、芸風、境遇、芸名、時事の要素を念頭に置くのだとか。例えば、お笑いコンビ「錦鯉」の場合はというと…。

 昨年「M-1グランプリ」で優勝した際のキャッチコピーが「50歳おバカの大冒険」。これは2020東京五輪で、日本史上最年少で金メダルを獲得したスケートボードの西矢椛選手を称える言葉「13歳、真夏の大冒険」をヒントにしたものだった。

 飯塚氏が持論を展開する。

「何もない時もあるんですよ、たまに。そういう人って優勝しないなって思います」

 かつて「ナイツ」に付けられた「ベテラン風若手漫才」が「スゴイ好きだった」と振り返る塙。キャッチコピーは視聴者の認知度だけでなく、芸人の士気を高めることにもひと役買っているようだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意