芸能

上島竜兵「死後も出演するドラマ」で見せた「ジャンプ芸」の十八番シーン

 ダチョウ倶楽部・上島竜兵の突然の訃報から、約1カ月が経つ。世間に与えた衝撃は計り知れないが、現在放送中のドラマで生前の姿を偲ぶことができるのだ。

 ドラマライターが解説する。

「土屋太鳳主演の『やんごとなき一族』(フジテレビ系)では、佐都(土屋)の実家・まんぷく食堂の常連客のひとりで、その食堂のある商店街の八百屋の八さんを好演。毎話の出演ではありませんでしたが、今後放送される6月16日(9話)以降で、もしかしたらその姿を見ることができるかもしれません。フジ系の連ドラにダチョウ倶楽部の3人が揃って出演したのは、残念ながら最初で最後となりました」

 日曜深夜に放送されている、福山リョウコ原作の学園ドラマ「恋に無駄口」(ABCテレビ)では、上島が学園の生徒たちを温かく見守る謎の校務員・守見役でレギュラー出演している。ドラマライターが続ける。

「全9話のうちの前半は、1シーンのみの出演も多かったのですが、終盤の8話(6月5日放送)では、守見(上島)が『お前、散らかすなよっ。もういい加減にしてくれよっ』と言い放つや、主演の奥野壮と一緒に十八番の『ジャンプ芸』を見せるシーンがありました。さらに、両手を真横に立てて手前に投げ出しつつ『ヤ~~~』という持ち芸を、メインキャストの3人が劇中のひとコマで披露するなど、上島及びダチョウ倶楽部をリスペクトするような演出が多々見られました」

 上島亡き後、「ビルボードジャパン・トップ20」のランキング(5月16~22日)で、16年に発表されたケツメイシの「友よ~この先もずっと…」が13位に急浮上した、とエンタメライターは言う。

「このミュージックビデオにはダチョウ倶楽部の3人が出演しており、『くるりんぱ』や『熱湯風呂』など、得意芸の合間に結成時からの写真がちりばめられています。歌詞に沿った内容であり、3人の歴史が描かれているような構成でもある。『切ない、悲しい、泣きそう…』などの反応で溢れています」

 今なお、ファンの心に生き続けているのだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…