社会

真夏のインフルエンザ上陸で「子供にマスクをさせろ」殺人的主張を小児科医が真っ向斬り捨て

 この夏、日本を新たな厄災が襲う──。

 オーストラリアで流行中のインフルエンザが真夏の日本に上陸。都内の小学校で2年ぶり、今年度初となる学級閉鎖となった。

 学級閉鎖の一報が流れると、ネットでは「子供たちにマスクをさせろ」という意見が。テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」の玉川徹氏も6月24日の放送で「マスクを外すことになれば、インフルエンザも流行していくことになる」と主張した。

 これに異を唱えるのは、都内の小児科医だ。

「6月25日には群馬県伊勢崎市で40.1度という、危険な高温注意報が出ました。この記録的な猛暑で子供達にマスクを強制すれば、間違いなく呼吸困難と熱中症で死人が出る。とんでもないことです」

 今年の夏はコロナとインフルエンザのツインデミックに加え、マスクなど装着していられない殺人的猛暑が日本列島を襲うのだ。小児科医が続けて警告を発する。

「コロナやインフルエンザで重症化しやすい高齢者や持病がある人こそ、外に出るべきではありません。クーラーの効いた部屋で、猛暑とツインデミックをやり過ごすしかない。たとえ電気代が高額になっても、です。生命にかかわりますから」

 冷房をつけたらつけたで、高額な電気代請求と大規模停電の恐怖が忍び寄る。さらに今回の季節外れの「インフルエンザ様症状」では、インフルエンザ検査陰性の児童も多数いるから不気味だ。

 3年前の夏も原因不明の高熱と咳が出る「インフルエンザ様症状」により、9月から都内小中学校で学級閉鎖が相次いだ。

 中国が隠蔽していただけで、あれは新型コロナウイルスの第0波だったのではないかと、感染症の専門家達は疑念を抱く。学級閉鎖がさらなる厄災の幕開けでなければいいのだが。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…