芸能

「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!

 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に「時代考証に問題あり」との声がしきりに上がる一方、午後に再放送されている96年の朝ドラ「ひまわり」は「時代が感じられて懐かしい」と、にわかに注目されている。

「ひまわり」は、バブル崩壊直後の不景気な時代が背景。松嶋菜々子演じるヒロインが婚約を機に、大手食品会社から退職に追いやられて再就職もままならず、仕事と結婚の両立を目指して弁護士になるというストーリーだ。現代から見ればハラスメントや偏見、ルッキズム、ストーカーなど問題アリのシーンやセリフが多いのだが、それがかえって「時代」をよく表している。

「会社の上役が松嶋に『デカイなぁ』と平気で言ったり、若い女子社員が独身の先輩をお局扱いしたり、今見ると差別的な表現が満載で、かえって笑ってしまいます。50、60代の女性視聴者は、女性の濃いメイクやヘアバンド、かっちりしたスーツにパンプスなどのファッションを見て『あ~、私もあんな格好してた』と感慨にふけっているようです」(朝ドラ研究家)

 いや、男性も惹き付けられるのではないか。松嶋をはじめ、母親役の夏木マリや叔母役の川島なお美ら、女性キャストが個性的で色香十分なのだ。朝ドラ研究家が続ける。

「第1章のゲストとして、浅野ゆう子が松嶋の上司役で出演していたのですが、バブル期に売れまくった浅野は役にピッタリ。松嶋と一緒にスーツを着て歩く姿は『脚線美の競艶』でした。松嶋は当時まだ22歳で初々しく、山下達郎の歌で始まるドラマのオープングはさながら、松嶋のイメージビデオですね。当時44歳の夏木は日本人離れした目鼻立ちでゾクッとするほど美しく、30代半ばの川島はコケティッシュでかわいらしい。今の若い女の子を見ても見分けがつかない50代男性も、それぞれ個性的でわかりやすい彼女たちを安心して楽しめます」

「ちむどんどん」を数十年後に見たら、いつの時代のドラマに思えるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
3
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
4
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
5
元Wink鈴木早智子「報道陣たった20人」のシラケた質疑応答/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史