芸能

「バス旅のプロ」剥奪の危機!太川陽介を襲う「危険な衰え」

 テレビ東京でバス旅をいくつも抱え、自ら「バス旅のプロ」を名乗る太川陽介。しかし、その手腕に陰りが見えてきた──。

 6月29日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送された「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦第8弾」で、それは顕著に見てとれたという。

 陣取り合戦は今回で8回目。通算成績は3勝3敗1分けの五分だ。一見、いい勝負に見えるが、太川は直近3回で勝っていない。そして第8弾が引き分けに終わったため、太川の連続未勝利は4回に伸びた。その原因をテレビ誌記者は、

「太川の衰えにほかならないと思います。河合郁人が成長したのは事実ですが、太川が以前のままなら、まだ差はあったでしょう。今回も、太川の衰えを象徴するようなミスがありました」

 と指摘する。

 そのミスとは、タクシーの使い方。陣取り合戦は2日間で1万円までタクシーを利用できるルールになっていて、その使い方が勝利の鍵を握ることも珍しくない。

 これまで太川は1万円をほぼ使い切ってきたが、今回は5190円も残してゴールした。本人も「もっとちゃんと使えばよかった。失敗した」と悔やみ、敗因に挙げている。

「5000円もあれば、旅をかなり有利に進められたはず。当然、勝利を掴むこともできたでしょう。ただ、今回の旅はバスのつながりが全体的に悪くなく、タクシーを使いたくなるここぞという所がなかった。仕方ない面はあると思います」(前出・テレビ誌記者)

 いや、タクシーの使い方よりもむしろ気になったことがあると、テレビ誌記者は続ける。

「太川が『河合は1日目の夜は都会に泊まりたがる。翌日、動きやすいから』と話していたのですが、そんなことはないんですよ。千葉が舞台の前回第7弾は成田に泊まりましたが、これは旅の成り行きで決まったこと。第6弾は長距離を歩いて限界を迎えた時点で、宿泊地を決めたんです。泊まったのは御杖村の民宿でした。第5弾は松本市のはずれ、村井駅の近くに泊まっています。都会に泊まりたがるという傾向はない。太川は他のバス旅のライバルと間違えているのか、あるいは河合にそういう傾向があると思い込んでいるのか。いずれにしても太川が心配になりますね」

 限界説が囁かれ始めた「太川プロ」。次の旅で懸念を払拭できるのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…