芸能

バス旅ファンが涙する青森「奇跡の再会」で発覚した太川陽介「対決バトル」の大問題

 蛭子能収との「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が終了し、現在は「水バラ」(テレビ東京系)で新たなバス旅に挑んでいる太川陽介。「陣取り合戦」「BINGO対決旅」「路線バスで鬼ごっこ」「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」と4つの企画を抱えている。

 元祖バス旅との違いは、対決方式であること。元祖はゴールできるかできないかだけだったが、今はそれに加えて、相手チームに勝つことも求められる。この変更が功を奏したと指摘するのは、テレビ誌記者だ。

「太川と相手チームリーダーの心理戦が展開されることになり、楽しむポイントが増えました。また、両チームの戦術を予想する、頭を使った楽しみ方もできます。旅番組というより『逃走中』(フジテレビ系)などのゲームバラエティー番組に近いのでは」

「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」がスタートし、すぐに「陣取り合戦」「鬼ごっこ」「BINGO対決旅」と、同様の企画が次々とスタートしたことからみても、対決形式が好評なのは明らかだ。

 ところが6月29日に放送された「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦第8弾」で、対決旅の問題点をあぶり出したシーンがあったと、ファンに指摘されている。

 それは太川たちが青森県の野辺地町を訪れた時のこと。最終バスが行ってしまい時間を持て余した太川は、野辺地駅前にある松浦食堂を訪れた。先のテレビ誌記者が言う。

「この松浦食堂は、バス旅ファンには忘れられない場所です。10年に放送された元祖バス旅の第6弾でバス待ちの間に訪れ、大歓迎されました。バスの発車まで3時間もお店で待たせてもらい、蛭子さんなんて座敷で大の字になって寝てしまった。13年の第15弾で再訪し、この時も大歓迎を受けています。太川はお店の人たちを『すごい優しい、家族のような人たち』と話していました」

 食堂はすでに閉店してしまっているのだが、せっかくだからと太川一行は、お店の前へ。すると同じ建物で「松浦酒店」が開いているのを発見し、家族が経営しているのではないかと酒店を訪ねる。かくして奥から出てきたのは、食堂で大歓迎してくれたおかみさんだった。

 太川が3度も訪れてきてくれたことに、おかみさんは大喜び。食堂のシャッターを上げてみんなを店内に招き入れ、思い出話に花を咲かせた。おかみさんは宿を紹介してくれ、翌日の早朝に旅立つ太川を見送りに来てくれたのだ。

「ここはバス旅ファンなら泣いてしまう、感動のシーンでした。同時に元祖バス旅の良さを思い出しました。旅の魅力は地元の人との触れ合いにあります。対決形式の今は勝つことに夢中になるあまり、地元住民の人との触れ合いがほとんどありません。次は元祖バス旅のような旅を作ってほしい、そう思えた瞬間でした」(バス旅番組ファン)

 そんな切実な期待に応える企画は、はたして生まれるか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」