芸能

デーモン小暮に遊ばれた女性が猛反論!妊娠・出産・認知の大トラブル/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 自称「10万31歳」(当時)の悪魔として、人気を博していたロックバンド「聖飢魔II」のボーカル、デーモン小暮。そんな小暮が連日ワイドショーで「悪魔の所業」などと報じられたのが、人間界での2人の女性を巡るスキャンダルだった。

 コトの起こりは、93年11月。小暮に未入籍の妻A子さんとの間に、生後2カ月になる女の子がいることが発覚したことが始まりだった。記者会見を開いた小暮は、

「『堕ろせ』とも言えないし、彼女はシングルマザーでもいいから産みたいというので、わが輩は『産んでもいい』と。ただ、われらは夢を売る仕事。だから、一緒に暮らす家庭生活もない。ただし、彼女が働けるまでの生活費と、子供の養育費は約束した。子供の運動会には、時間がある限り出たいと思っているが、人間の顔で出席するか、悪魔の顔で出席するかは、その時、決めたい」

 そう言って、父親の瞳を垣間見せていたものである。

 ところが翌94年、小暮に新恋人B子さんの存在が明らかになる。

 5月9日、都内で記者会見を開いた小暮は、

「別に二股をかけていたわけではない。B子とはA子と知り合うより1年以上前からの付き合いで、3年くらい交際してきた。A子とは交際していた認識はないし、A子の妊娠した日を計算すると、それは2人が初めて出会った日であり、合計でも3~4回しか会っていない」

 つまり、A子さんは単なる「遊び相手」で、子供の件も疑問だと言い出し、さらに、B子さんとは入籍予定だと語ったのである。

 寝耳に水だったA子さんは、すぐさま反論。

「3~4回なんて嘘。30回以上会っているし、私の実家にも挨拶に来ています。小暮さんは私が『本命』だと話していた」

 結果、出生の真意を巡り、血液鑑定で白黒つけることになった。

 後日、間違いなく小暮の子である、という判定が出たことで8月23日、再び記者会見を開いた小暮は、

「我が輩の子でない可能性は3000億分の1らしい」

 と親子関係を認め、認知したことを発表。

 会見から半月後の9月7日にはB子さんと入籍し、またまたワイドショーを賑わせたのだった。

 ただ、結婚生活は長くは続かず、00年9月、マスコミ各社に2人の離婚報告メッセージが送られたのである。

「聖飢魔II」がブレイクした頃だったか、私は小暮の大学時代の友人、高校時代の担任教諭、TBSの報道局(当時)に勤務していた姉などを取材し、「デーモン小暮の知られざる素顔」という記事を書いたことがある。

 人気上昇中とあり、所属事務所やレコード会社からは「覆面レスラーのマスクを剥ぐようなことはやめてください」と言われたものだが、記事は大いにウケた。しばらくして、小暮がインスタントカメラのCMに起用されたことを知った時は、一人ほくそ笑んだものだ。

 ただ、小さな女の子と共演した同CMの「トンボ採り編」を見るにつけ、あの「小悪魔誕生」会見の記憶が蘇ったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」