芸能

ガーシー暴露本で最大のトバッチリは「黒い交際」を蒸し返された細川たかし

 滞在中のドバイから帰国せず、8月3日の臨時国会を欠席したガーシー参院議員。

 提出していた海外渡航届を参院議院運営委員会理事会が全会一致で許可しない判断を下したことについて、同日配信した自らのYouTube動画で「イジメやであんなの」と反論。

 詐欺罪で逮捕される可能性を危惧しているとして「200%の保証がないと帰らない」と言い切った。

 そんなガーシー議員は8月2日に初の著者「死なばもろとも」を刊行。発売翌日に10万部を売り上げる大ヒット作となっている。

 アテンダーを経て暴露系ユーチューバーとなるまでの人生が事細かに綴られているのだが、

「単なる自叙伝ではなく、YouTubeで行っているような有名人の暴露に興味がある人も存分に楽しめる内容でした」

 と語るのは芸能記者である。続けて、

「ロンドンブーツ1号2号の田村淳が品川祐を馬乗りになって殴った話や、広瀬アリスがRADWIMPSの桑原彰にブチギレた話など、刺激的なエピソードばかり。『裏のパパ活リストに載っているアイドルの名前』といった、本当にヤバイ部分は黒塗りで書かれていて、そこを想像するのも楽しかったですね」

 そこで思わぬ形でトバッチリを食らった芸能人も。芸能記者がさらに続けて、

「気の毒だったのが、細川たかし。『開けっぴろげで豪快なスター』として好意的な書かれ方をしているのですが、暴力団との交際をしれっとバラされているんです」

 知人の紹介で細川に会ったというガーシー氏。

「札幌のススキノでバーを経営していたガーシーに、どこがケツモチなのかを聞いた細川が『そこじゃダメだろ』と言い『これを拡大コピーして額に入れて飾っとけ』と、某大手組織の人物の名刺を渡したとのこと。以前からたびたび、各メディアで細川の黒い交際が報じられていましたが、大ヒット本で蒸し返されたのは、なんとも痛かったのでは」(音楽関係者)

 不運にして、流れ弾に当たってしまったのである。

(川瀬大輔)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…