スポーツ

女子ゴルファー「バスト番付」単独トップに躍り出る小祝さくらの「350ヤード級Gカップ」

 女子プロゴルファー・小祝さくらのバストが「凶暴すぎる」ともっぱらだ。

 小祝は8月7日まで開催された「北海道meijiカップ」に参戦。北海道北広島市出身だけに悲願の地元大会初制覇が期待されたが、通算4アンダーの9位で終え、優勝に5打及ばず惜しい結果となった。それでもゴルフ担当記者はニッコリ顔で、

「その一方、ゴルファンを歓喜させたのが、バストの躍動ぶりです。初日から白のポロシャツ姿で胸の膨らみがクッキリ。さらに2日目は白のアンダーシャツの上にピンクのTシャツ姿で、これまた胸を突き出していた。3日目、最終日には白い長袖ウェアで登場。これが薄めの生地だったことから、前の2日間に比べていっそう輪郭が露わになっていました。いずれもそのボリューム感はメロン級で、F~Gカップほどでしょうか。地元初制覇はお預けになりましたが、そんな彼女を見られただけで大満足のファンは多かったようです」

 女子プロゴルフ界には、小祝のようなバスト自慢の選手が多い。ファンの中での「ランキング」も変わってきたようで、

「渋野日向子のほか、熊谷かほ、竹内美雪などが横綱級の地位に君臨していましたが、ここに小祝が割って入り、単独トップに躍り出る勢いです。ゴルフの腕前以上に、350ヤード級のバストショット争いが気になりますね」(前出・ゴルフ担当記者)

 小祝は小樽カントリークラブで8月25日から始まる「ニトリレディス」にも参加予定。地元初制覇の躍動に期待だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…