社会

衝撃の大発見にも疑惑がついた小保方晴子さんの今後

 4月9日、涙の会見で、オヤジの心をわしづかみにした小保方晴子さん(30)。ツイッター上では擁護派が否定派を2倍も上回る結果が出たが、否定的な意見をする評論家に犯行予告が届くなど、騒動はとどまる気配を見せない。ある科学者が語る。

「サイエンスの問題と、心情の問題を履き違えた人間があまりにも多いことにびっくりしました。この問題で『悪意の有無』は関係がない。彼女のコメントを見ていると、自分が博士論文でコピペをしたことなどなかったことのようになっています」

 最大の焦点はもちろんSTAP細胞の有無にあるわけだが、

「小保方さんが卒業した早稲田大学では博士論文のコピペについて深刻に議論が行われています。もし論文が取り消しになれば、当然『博士』の学位は取り消しになる。そうなると、STAPがあってもなくても、土台となる資格そのものがなくなる」(前出・科学者)

 また、現在の科学界では新たな発見をした際に、特許を出願することが常識となっている。世紀の大発見と言われたSTAP細胞も特許が出願されているのだが、ここで新たな疑惑が出てしまったのだ。ある特許事務所関係者が語る。

「通常、特許はその範囲を最大限に広げて出します。小保方さんの研究の場合、国際特許として出願されるのですが、その範囲の中にすでに発見されたものがあれば指摘がなされ、徐々に範囲を狭めて特許として通るようになるのです」

 STAPとは細胞にストレスをかけることで、簡単に万能細胞が作れるところが売りだった。ところが、今から4年前に、同じような方法で、近い機能を持つ細胞を作り出す技術を日本人の女性科学者が発表していたのだ。前出・科学者が語る。

「それは『Muse細胞』と呼ばれるものです。万能細胞として有名なES細胞に似た細胞で、神経・筋肉・肝臓に分化する多機能性も持っていたのです」

 小保方さんにしてみれば、かっぽう着を着た美人なお姉さんというキャラクターで話題をさらったことが、裏目に出てしまったということか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!