政治

安倍昭恵夫人が水面下でついに動き始めた「山口4区補選」弔い出馬

 安倍元首相が亡くなってから約1カ月。これに伴い行われる山口4区補選は来春の公算が大きいとされるが、昭恵夫人が出馬するのか否かは、永田町や安倍氏の地元・山口県でも大きな関心事だ。

 昭恵夫人は7月21日に開かれた自民党安倍派の総会に出席した際、自身の出馬について否定したものの、ここへきて水面下での動きが伝えられ、「やはり」との声が高まりつつある。山口県議会議員がこう明かす。

「昭恵夫人は8月に山口県入りし、村岡嗣政知事らと面会。10月予定の安倍氏の県民葬に理解を示したという。さらに自民党県議らとの会合にも出席し、日ごろの感謝を伝えるとともに、安倍氏の最後を『眠っているようだった』と明かしたとか。これらの行動ののち、一部の人たちに『将来は山口に転居したい』と漏らしたというのです」

 これについては周辺関係者から、「昭恵夫人は政治的なことより自然農法やスピリチュアルなことに興味が強いため、東京を離れ山口の田舎で農業と居酒屋を開店して静かに暮らしたいのでは」との話も聞こえてくるが、一方で安倍氏に近い山口県内の有力支持者の一人は、こう断定する。

「補選には99%出馬しますよ。何と言っても彼女は安倍氏の最大の理解者で、生存していたら何をしたかったか誰よりも知っていらっしゃる。供養のためにも出馬の覚悟は決めたと聞いています。そのために自民党県議会にも挨拶し、すでに足場固めを始めている。一期やって区切りがつけば、その後は政治の世界を離れ山口で無農薬農業とか、いろいろ考えているようです」

 とはいえ、もし一度当選を果たせば政治の世界にどっぷりハマり、何期も務める可能性もあるだろう。

「旧統一教会問題で混迷の安倍派、清和会。これを一つにまとめられるのは昭恵夫人しかいない、との声はジワジワ広がり始めています」(安倍派関係者)

 したたかにアクセルを踏み始めたという昭恵夫人から目が離せない。

 (田村建光)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…