芸能

異端発掘!ニッポン「ロック革命的名盤」/B.Bキングと共演「ウェスト・ロード・ブルース・バンド」はディープな関西風

 京都の西小路あたりを闊歩していたことから命名された「ウエスト・ロード・ブルース・バンド」が、ファースト・アルバム「BLUES POWER」でデビューしたのは、関西を中心にブルース・ブームが巻き起こっていた75年。

 バンドは70年に同志社大学の軽音楽部に在籍する永井“ホトケ”隆 (vo)、塩次伸二 (g)、小堀正 (b)の3人を中心に結成。当初はオールマンやジョン・メイオールなど、ホワイトブルース系レパートリーを演奏していたが、山岸潤史 (g)の加入により、B.Bキング、Tボーン・ウォーカーといったモダン・ブルースを追及していくようになる。

 地元・京都での活動を通じ、その名を広げていった彼らは、72年にB.Bキングの大阪公演でオープニングアクトを務め、関西にウェスト・ロードあり、と言われる存在に。

 ウェスト・ロードの特筆すべき点は、塩次と山岸との壮絶なギターバトルと、永井のワイルドなヴォーカルに加え、タイトでへヴィなリズムセクション。そんな彼らの魅力が詰まったアルバムが、東京のモウリ・スタジオでオーバーダビングなし、全曲一発録りの「BLUES POWER」だった。

 ファンキーなギターとハモンドが冴える1曲目、ロウエル・フルソンの「Tramp」に始まり、「T-Bone Shuffle」「It’s My Own Fault」と続くナンバーは、いずれもブルージーだがソリッド。

 4曲目「Cold Cold Feeling」では、Tボーンばりの塩次のジャジーなギターワークにド肝を抜かされる。続くのが、A面最後を飾る「I’ll Drown In My Own Tears」。レイ・チャールズがアトランティック時代にレコーディングした名曲だが、永井のヴォーカルに絡みつく、「下北沢のジャニス・ジョプリン」こと、金子マリ(当時はスモーキー・メディスンに在籍)のバック・コーラスは鳥肌モノだ。

 アルバムは全9曲。ラストは、ビー・ウィー・クレイトンの演奏で知られる「Blues After Hours」だが、70年代という時代に黒人音楽のスタイルをそのまま踏襲し、それを関西風ディープ・ブルースとして見事に昇華した彼らの実力には、今聴いても驚かされるばかりだ。

 ウェスト・ロードは、75年11月、2枚目にして初のライブ・アルバム「WEST ROAD LIVE IN KYOTO」を発売するも、76年末には惜しまれながら解散。だが、83年にオリジナル・メンバーで復活し、84年にはスタジオ録音の「ジャンクション」をリリース。永井の吠えるようなヴォーカル健在に、ファンは歓喜したものである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」