芸能

竹内涼真&横浜流星「アキラとあきら」の重要なセリフに「おやっ」と…/大高宏雄の「映画一直線」

 若手実力派俳優の「競演」と言うべきだろう。なかなか、あることではない。竹内涼真と横浜流星が主演した「アキラとあきら」だ。

 池井戸潤の同名小説を、「今夜、世界からこの恋が消えても」と「TANG タング」が公開中の三木孝浩監督が手掛けた。監督は2人の個性をうまく引き出しており、面白かった。心地よい作品と言ってもいい。

 育った環境が全く異なった2人が、同じ銀行に入る。竹内演じる瑛は、倒産した町工場経営者の息子で、数々の辛酸を舐める。横浜演じる彬は、海運業などの事業を多角的に展開する大企業の御曹司だ。

 だが、親族間でいさかいが絶えない。2人は入社時から群を抜く資質を見せる。

 瑛は一本気で、理想主義者だ。資金繰りに悪戦苦闘する中小企業に肩入れする。竹内は真正面から役を演じた。いわゆる、直球型だ。

 結構多い彼のアップのショットからはその都度、屈託のない爽やかさが匂い立つ。爽やかさと言ってしまうと、表面的で浅い意味に捉えられかねないこともあるが、そうはならない。うちひしがれる時もあるが、理想に向かう姿に妙な混濁感がないからだ。表情から内面を通底している心根の透明感が、一貫しているように感じる。彼の得難い個性の一端が垣間見られた。

 一方の彬は、瑛とは対象的な信念を持つ。銀行マンとしての理想的な思い入れは、逆に足をすくわれかねないという姿勢だ。横浜は、いささか暗い表情の中に、その思いの強さをにじませる。強さの中には、内面的な優しさも透けて見える。両者は屈折した表情の中で、二重写しになると言えようか。

 瑛のようには、理想の所在を明らかにしているわけではない。だが、彬の理想像は硬い甲羅を破るがごとく、表に出ようともがいている感じだ。その苦渋の様が、横浜の演技からひしひしと伝わってくる。

 本作の重要なセリフを挙げたい。これは作品のテーマともかかわる。彬が瑛に言う「育ちがいいな」だ。

 お金に不自由のない彬が、貧困の逆境をかいくぐった瑛に言ったから「おやっ」と思った。普通なら逆だが、「育ちがいい」が、ここでは家庭環境とは全く違った意味で使われている。いかなる環境下であろうと、理想をもって真っすぐに生きることの大切さだ。これが気恥ずかしく見えない。

 加えて、さらに重要な言葉がある。理想に向かうための「確実性」だ。

 この言葉は瑛の上司(江口洋介)の口から出るが、実のところ、理想を掲げるだけではどうしようもない。過程の実体が伴わなければ、周囲も納得しない。

 そのためには、何をするか。本作はそこを堂々と、真正面から描こうとしている。そこがいいのだ。竹内涼真、横浜流星は、その狙いに存分に応えたと思う。

(大高宏雄)

映画ジャーナリスト。キネマ旬報「大高宏雄のファイト・シネクラブ」、毎日新聞「チャートの裏側」などを連載。「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など著書多数。1992年から毎年、独立系作品を中心とした映画賞「日本映画プロフェッショナル大賞(略称=日プロ大賞)」を主宰。2022年で31回目を迎えた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題