芸能

「80年代アイドルBIG3」波乱万丈のアラ還ライフ秘話(4)小泉今日子はBTSのファンクラブに入会

 明菜と同じ“花の82年組”の小泉今日子(56)も波瀾万丈の「アラ還ライフ」を送っていた。18年2月にバーニングプロダクションから独立を宣言。熱愛が報じられていた豊原功補(56)との不倫愛も堂々と認め、世間をザワつかせたことも。

 その後は、公私ともに2人で歩みだし、制作会社「明後日」を立ち上げ、裏方として全力サポートしていた。

「同棲していた時期もありましたが、現在はそれぞれ1人暮らし。別れたわけでもなければ、再婚話もなく、同志のような関係みたいです」(芸能デスク)

 小泉にとっても今年はデビュー40周年のメモリアルイヤー。裏方だけではなく、積極的に露出を増やし、今年2月からは31年ぶりに全国ホールツアーを開催。9月には脚本家・向田邦子の代表作「阿修羅のごとく」の舞台に出演し、11月にもNetflixで配信されるドラマ「First Love 初恋」では母親役にチャレンジ。まさに売れっ子のようで、

「年を重ねて、タイプは違えど、樹木希林(故人)のような奥深く味わいのある演技が評判を呼んでいる。出演オファーが立て続けに舞い込み、休んでいる暇がない」(芸能デスク)

 そんな多忙な日々でも、時間を削って「推し活」にハマっていることを告白。8月28日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演した際、「私はもう、BTSに夢中ですよ」と、韓国の7人組ボーイズグループへの愛を熱弁したのだ。芸能記者によれば、

「『恋愛でしか出ないホルモンの代替えができるのは、“ペット”と“推し”しかないんです』と話し、すでにファンクラブにも入会しているぐらいの熱の入りようです。その上、韓国ドラマにも夢中で、イケおじ俳優のクォン・サンウ(46)推しを公言しました」

 まさに公私ともども充実一途の中、「小泉会」が復活したというビッグニュースまでも飛び込んできた。

 小泉会といえば、10年以上前に姉御肌の小泉を慕い、番頭格の飯島直子(54)、補佐役のYOU(58)を中心に飲み会が開かれていた。そこに米倉涼子(47)や内田有紀(46)ら錚々たる面子が集まり、一大勢力を結成。が、ボスの事務所独立をきっかけに「消滅」してしまう。

「舞台のプロデュースや事務作業に追われ、小泉が飲みに出歩けなくなってしまった」(芸能記者)

 さらにコロナ禍もあり、復活の兆候は見られなかったが、ネトフリの「初恋」で主演を務めた満島ひかり(36)と久しぶりに共演したことで、風雲急を告げる。

「YOUや満島など、女子友2~3人を自宅に招き、飲むようになりました。料理もお酒も小泉が作り、飲み明かしてからも、こっそり1人で早起きして、味噌汁を作っておもてなしするのが好きなんだそうです」(芸能記者)

 小泉会の再結成で、一気に表舞台の「主役」に返り咲くことになるのか。

 しのぎを削った「アイドルBIG3」の波瀾万丈の物語は、新章に突入する!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す