社会

東京都「首都直下地震等被害想定」の大ウソを暴く〈番外編〉虎の子の資産にもたらすリスク(1)阪神・淡路大震災で建物の実態は…

 6月4日に配信を開始した本連載の〈本編〉では都合22回にわたり、東京都が10年ぶりに公表した「首都直下地震等による東京の被害想定報告書」の大ウソを暴いた。

 今回からはその〈番外編〉として、「大地震が虎の子の資産(戸建てやマンションなどのマイホーム)にもたらすリスク」について、資産防衛のための必須知識やノウハウなども含め、6回程度にわたって詳しく紹介していきたい。

 その際、まず参考になるのが、95年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)がもたらした建物被害の実態である。同地震は、都の防災会議が最大被害を見込んでいる都心南部直下地震と同じマグニチュード7.3、最大震度7の内陸型だった。

 同地震の建築震災調査委員会などの報告によれば、旧耐震基準の建物(おおむね81年までに建てられた建物)と新耐震基準(おおむね82年以降に建てられた建物)における建物被害の被害別割合はそれぞれ、以下のようなものだった。

[旧耐震基準の建物]

 大破以上──約29%

 中・小破──約37%

 軽微な被害もしくは無被害──約34%

[新耐震基準の建物]

 大破以上──約8%

 中・小破──約17%

 軽微な被害もしくは無被害──約75%

 ちなみに、鉄筋コンクリートの建物で言えば、「大破」とは「柱のせん断ひび割れや曲げひび割れなどによって鉄筋が座屈し、耐力壁にも大きなせん断ひび割れが生じて耐力が著しく低下した状態」で、「大破以上」には「倒壊」や「崩壊」も含まれる。

 また、「中破」とは「柱にせん断ひび割れや曲げひび割れ、耐力壁にもひび割れが見られるほか、非耐力壁などの非構造体に大きな損傷が見られる状態」、「小破」とは「柱や耐力壁の損傷は軽微だが、非耐力壁や階段などにせん断ひび割れが見られる状態」で、「軽微な被害」とは「柱や耐力壁や非耐力壁の損傷が軽微な状態、もしくはそれらにほとんど損傷がない状態」で、「無被害」とは文字通り「被害がない状態」を指している。

 以上の建物被害報告を見ると、旧耐震基準の建物でより甚大な被害が生じていることは一目瞭然。だが、ここで注目すべきは、新耐震基準の建物といえども、約25%、およそ4分の1もの建物が「大破以上」や「中・小破」の被害を受けているという事実である。

 この点については、大地震が虎の子の資産にもたらすリスクを正しく理解するための基礎中の基礎知識として、ぜひとも記憶に留めていただきたい。

(森省歩)

ジャーナリスト、ノンフィクション作家。1961年、北海道生まれ。慶應義塾大学文学部卒。出版社勤務後、1992年に独立。月刊誌や週刊誌を中心に政治、経済、社会など幅広いテーマで記事を発表しているが、2012年の大腸ガン手術後は、医療記事も精力的に手がけている。著書は「田中角栄に消えた闇ガネ」(講談社)、「鳩山由紀夫と鳩山家四代」(中公新書ラクレ)、「ドキュメント自殺」(KKベストセラーズ)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫