エンタメ

「イカゲーム」の「エミー賞6冠」に改めて噴出した「パクりなのに…」大不満!

 韓国発のデスゲームドラマ「イカゲーム」が、9月12日(現地時間)にハリウッドで開催された米テレビ界最高の賞とも言われる「第74回エミー賞」で、監督賞をはじめ6部門を受賞した。

 主人公のソン・ギフンを演じたイ・ジョンジェは、韓国の俳優として史上初、アジア俳優としても初の最優秀男優賞を受賞。また、そもそも英語を使用しない外国語の作品が受賞するのが史上初とあって、韓国のドラマファンからは喝采が沸き起こった。

 同ドラマは経済格差が深刻化する韓国で、貧困に苦しむ登場人物が様々なサバイバルゲームに参加し、一攫千金を夢見るストーリー。ただ、日本ではかねてから人気漫画「LIAR GAME」や「賭博黙示録カイジ」のストーリー展開にそっくりという指摘が出ており、エミー賞受賞にも改めて辛辣な声が続出することに。

「完全なパクリなのに本当にいいのか?」「世界的に評価されたのは凄いことだけど、素直に喜べない。特に目新しい内容でもないし…」「ちょっと過大評価し過ぎると思う。というか、アメリカのエンタメ業界の地盤沈下がここまで進んでいたとは…」といった皮肉まで飛び交っているのだ。

「特に『カイジ』のような生き残りをかけたデスゲーム系は多くのファンを魅了しただけに、『イカゲーム』の高評価に最後まで納得できなかった日本の漫画ファンは多いようです。中には日本の作品について、『海外向けに展開してたらどうなっていたんだろう』との指摘もある。韓国に負けたエンタメの発信力についても、考え直す時期に来ていることは間違いないでしょう」(漫画雑誌編集者)

 漫画は日本の文化でもあるだけに、国を挙げて対策を練ってほしいものだ。

(ケン高田)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…