芸能

将来は青森県知事になる!半農半芸タレント「2代目・王林」の出世道

 思いっきりな津軽弁とぶっちゃけトークで人気。今やバラエティー番組に引く手あまたの王林が、9月19日放送の「おかべろ」(フジテレビ系)に登場した。

 青森県を中心に活動するローカルアイドルグループ「りんご娘」を今年3月に卒業。「農業活性化アイドル」として、00年に青森で結成された「りんご娘」メンバーにはそれぞれ、りんごに因んだ名前が付けられ、王林は実は2代目だという。

「え、襲名があるの?」とナインティナインの岡村隆史が驚いて質問したところ、「社長の独断と偏見で決められるんです、みんな。『あなたはこれで』って」と王林。

 石田明(NON STYLE)が「でも、卒業したらもう『王林』を譲らな、3代目に」と言うと、「そう。でも、私はもう私以上に『王林』を語れる人はいなと思うから。初めて(襲名を)締めさせてもらいました」。さらに「永久欠番やないけど、『王林』はもう(襲名が)終わったんや」と聞かれて「そうなんですよ。りんご娘初。もう、(王林を)貰って」と語ったのだった。

 りんご娘として活動中にコロナ禍になり、感染症対策から、活動の主戦場であったライブやイベントなどが激減。その間「ずっと、畑仕事してました」と王林。

 岡村と石田が「畑仕事?」と聞き返せば「(りんご娘は)第一次産業を応援するグループとは言われてたんですけど、社長からずっと。コロナになって急に『ずっとやりたかったことがあって、それが半農半芸だ』って。半分農業で、半分芸能。『それをやる時が来た』って」と、当時の所属事務所の社長の言葉を紹介した。

 岡村が「こんなこと言うたらアレやけど、社長の畑やらされてるだけちゃうの」と質問すると、王林は「そうなんですよね。つまりはそういうことです」。

 その畑仕事に対するギャラはというと「ほんとに気持ち(程度の)時給が入ってました」。りんご娘をプロデュースした社長、どんな人か気になる。

 将来は「青森県知事になりたい」と夢を語る王林。半農半芸アイドルといえばその昔、いまや田中将大夫人の里田まいが所属していたカントリー娘。を思い出した。王林もどこまで出世するか楽しみだ。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…