芸能

吉岡里帆×土屋太鳳×川口春奈「勝負バスト」3WAYバトル(3)川口春奈はYouTubeで胸元が…

 この色香バトルに参戦するのは、NHK朝ドラ「ちむどんどん」の“ネーネー”役で人気の川口春奈(27)である。佐々木氏が太鼓判を押す。

「20年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、沢尻エリカ(36)の代役を務めて好感度がアップ。『ちむどんどん』でも、脚本が叩かれる中、自然な演技が板についていて、これまでで一番のハマリ役ではないでしょうか。『NHK女優』の肩書きがついたことで知名度は全国区となり、今が旬とばかりにノリに乗っています」

 10月6日スタートのドラマ「silent」でフジテレビの連ドラ初主演が決まると、9月21日発売のライフスタイル誌「GINGER」11月特別増刊号(幻冬舎)では“上半身素っ裸ヌード”を解禁。尾谷氏が美ボディのポイントを解説する。

「下半身はジーパン、上半身は裸の状態で横を向き、右手で乳房を隠しています。首から腰元付近まで縦に細長く走っている脊柱起立筋が発達し、背中の美しさを際立たせている。お腹周りの腹斜筋も相当絞っていますね。川口のジーパンのすぐ横には、特集『人生がととのう! 快感レッスン』の文字。よからぬ妄想が膨らんじゃいます」

 大胆なエロス戦略に打って出た川口は、肉体改造にも余念がないという。

「もともと食べるのが大好きで、飛行機に乗ってまで寿司店に足を運ぶほどの食通だが、運動や筋トレは大嫌い。それでもアラサーになって一念発起、パーソナルジムやキックボクシングに通い、メリハリボディを作ったそうです」(ファッション誌編集者)

“バスト勝負”では、吉岡と土屋に一日の長があると見るや、得意のYouTubeチャンネル「はーちゃんねる」で“場外戦”に持ち込み、誘惑エロスで本領を発揮している。

「9月11日には『汗汗汗!テントサウナ最高』と題した動画を投稿。川べりのテントサウナで、タンクトップ姿の川口が汗でビチョビチョになりながら、ロウリュ(サウナストーンに水をかけて蒸気を発生させる)の熱さに悶絶していました。基本的に自撮りの撮影で、前屈みになるたびにユルユルの胸元がチラ見えして、ドキドキでした」(芸能記者)

 一進一退の攻防を繰り広げるアラサー女優の三つ巴頂上決戦。次なる一手が決定打となるに違いない!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!