スポーツ

中日・平田良介が語った独特の退団理由に「妄想だ」一喝!

「力は残ってると思う、この選手は。(他球団からのオファーは)オレはあると思うね。楽天とか、右はいないし、あのパンチ力だとか、まだ残ってるしね」

 野球解説者の高木豊氏が10月5日、自身のYouTubeチャンネル〈高木豊 Takagi Yutaka〉でこう力説したのは、平田良介が今季限りで中日を退団し、自由契約となる件についてである。

 平田は10月4日の退団会見で、その理由を次のように語っている。

「引退する時は、(記念の)Tシャツやタオルがあったり、映像が流れて僕がマウンド付近まで行って。それが自分の中での最後かなと思っていたが(球団から)『セレモニーはするけど、盛大にはできないよ』と言われました。セレモニーでお話しさせていただける予定でしたが、思い出に残るものと形に残る物、両方ほしかった。そうじゃないのであれば、自分の終わり方としては中途半端だった」

 今季の平田は51試合に出場して15安打、1本塁打、10打点。打率は2割に甘んじている。高木氏は「自身を功労者として、妄想を広げてしまう」と平田の独特な思考を指摘した上で、考え方の変革を起こせば「まだやれる」とも。さらに、

「他球団の人も迷うだろうね。『このまま中日でそれ(納得のいくセレモニー)やったらユニフォーム脱いだの?』みたいな。ちょっと一回、平田を呼ばなアカンな。しっかりしたことを報告して、それを球団の人が見てくれて、『そういう心理だったのか』と。真意が分かったら呼ぶ(獲得オファー)かもわからないしね」

 問題は野球技術より脳内──。通算1046安打の好打者は、現役続行なるか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】