芸能

「つまみ出せ!」ランジャタイが「解散」も迫られた衝撃オーディョン現場

 お笑いコンビ「ランジャタイ」(伊藤幸司、国崎和也)が、なんと過去に一度「解散」していたことを打ち明けた。

 セオリー無視の自由すぎる芸風のランジャタイ。お笑いを始めた頃からそのスタイルはあまり変わっていないというが、仰天のエピソードが明かされたのは10月1日に放送された「おかべろ」(関西テレビ)にゲスト出演したときのこと。

 MCのナインティナイン・岡村隆史が「誰かにネタ見せした時に『えっ、何それ?』みたいなのは結構あったんじゃない?」と聞くと、国崎は「結構ありましたね」と即答。さらにオーディションでのネタ見せ審査の際に、こんなショッキングな出来事があったという。

「重鎮みたいな人が見てて、芸人のネタに対して誰ひとり笑わないんですよ。でも、僕らがやった時だけ、作家の方が(手に顎を乗せたポーズで手と顎を震えさせ)こうなって。僕らはやりながら『これは来たぞ!』と。もうちょいしたらドンと来てオーディションに受かろうと思ってたら、その作家が『うるさいなぁ! うるさいんだよ! 出ていけ!』って」

 さらにその作家は伊藤に対し「こいつ(国崎)をつまみ出せ!」と激怒し、部屋を出ていこうとすると、なんと「待て! 解散しろ!」と要求。国崎は「本当にその場で解散して。『今日でやめます。ありがとうございました』って言って…。で、(部屋の)外に出てもう1回再結成したんです」と振り返り、岡村を大笑いさせた。

「審査員には激怒されたランジャタイですが、ネタで等身大パネルを使っているオール阪神・巨人の巨人には、手紙を送ると電話で『おおいにやってください』と公認され怒られていないとか。ただ、阪神には許可を取っていないと明かし、岡村は仰天。『阪神師匠のほうが怒ったらホンマに怖いで!』と慌てさせていました」(芸能ライター)

「天才芸人」とも呼ばれるランジャタイだが、お笑い界でも「0か100」と評価が分かれるという芸風だけに、エピソードに登場した作家にとっては「0」の方だったのだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…