スポーツ

「お嬢様レーサー」最新報告「富樫麗加でございます!」ボートが暴れる住之江の2マークは要注意

 9月29日~10月3日に出場を予定していた「第53回東京中日スポーツ賞」(@ボートレース多摩川)は、急遽、欠場することに。ご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。

 実は前検日の前日(9月27日)、今泉クン(今泉友吾、東京、A2級)が出場していたボートレース江戸川のレース中に負傷して入院。今はだいぶ回復していますが、次戦は未定です。復帰した際は、また応援をよろしくお願いします。

 私のほうは、現時点ではボートレース住之江(大阪府大阪市)で開催されるヴィーナスシリーズ第13戦「大阪スポーツ賞 第33回アクアクイーンカップ」(10月11日【火】~16日【日】)に出場する予定です。

 東京支部は高石梨菜さん(B1級)、黒ちゃん(黒沢めぐみ、B1級)、由珠ちゃん(大橋由珠、B1級)と私の4人。みんな期が近いので楽しみですし、同期の小池ちゃん(小池礼乃、福岡、B1級)もいます。いつもペラやレースのアドバイスをしてくれるので、とても心強いです。

 住之江は年1回ぐらいのペースで参戦していて好きな水面の1つ。ただ、2マークは気をつけて回りたいと思います。引き波が残りやすいですし、私自身の乗り方が荒っぽいので、レバー操作をしっかり行わないと、ボートが暴れてしまうからです。

 住之江で頑張るために、スターバックスの期間限定の焼き芋ブリュレフラペチーノを飲んできました。上のトッピングの芋けんぴが歯に挟まって、挟まったヤツを時間をかけて食べるのもまた、おいしいです。住之江といえば“熱い声援”で有名ですが、ファンの皆様、どうか優しい声援をよろしくお願いします(笑)。

 さて、今週はボートレース平和島(東京都大田区)でGI「開設68周年記念 トーキョー・ベイ・カップ」(10月11日【火】~16日【日】)が開催されます。

 東京支部は濱野谷憲吾さん(A1級)や、今年から支部長に就任された長田頼宗さん(A1級)など12人が参戦しますが、中でも注目は106期の加藤政彦さん(A1級)です。

 もう3~4年ぐらいは会っていませんが、私がルーキーの頃、練習で一緒になると、よくアドバイスをしていただきました。

 2節前の「第46回日刊スポーツ杯」(9月26日~30日/@ボートレース江戸川)でも優出(4着)されていたように、ここもカッコいい走りを披露してくれると思いますよ。

【富樫麗加選手・今後の出場予定】

10/11~10/16「VS大阪スポーツ賞 第33回アクアクイーンカップ」(住之江)

10/22~10/26「BOATBoyカップ」(平和島)

富樫麗加(とがし・れいか):1989年11月8日生まれ。東京支部所属。112期。A2級。13年のデビュー後、白百合女子大卒のお嬢様レーサーとして一躍人気者に。17年5月、ボートレース下関で行われた「トランスワードトロフィー2017男女W優勝戦」で初優勝。21年3月、ボートレーサーの今泉友吾選手と結婚。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション