社会

「顧客情報漏洩事件」の実害ルポ!Amazon詐欺メールをクリックしてみると…

「これまでに見たこともないほどの大量の迷惑メール、詐欺メールが突如として着信するようになったのは、今年7月上旬でした」

 こう話すのは、都内在住の会社員A氏である。

 実はその直前、CDやレコードの販売を手掛ける「ディスクユニオン」が、オンラインショップで約70万件もの顧客情報が漏洩したと発表し、ニュースにもなっていた。

 A氏はそのニュースを思い出し、「これか!」と腑に落ちたという。ディスクユニオンのオンラインショップで登録会員になっていたからだ。

 それまで届いていた迷惑メールは1日に数通ほど。それが一気に数十通以上に増えたのだから、尋常ではない。

 中でも一見してそれとわかりそうな悪質な詐欺メールは日に日に増えていき、その勢いは今も衰えることはない。新たなものが随時、確認されるからだ。A氏が憤る。

「同じくディスクユニオンのオンライン会員になっている友人に聞いてみたところ、やはり私と全く同じ状況でした。時期もぴったり重なっています。詐欺メールの送信元と中身を照らし合わせると、これもことごとく同じだったので、もう間違いない、と確信しました。情報漏洩によって複数の悪質業者がメールアドレスを入手し、大量に詐欺メールを送りつけているのでしょう。毎日、あまりのメール量で、仕事に支障を来す実害が生じています。ディスクユニオンはお詫び文を出したのみで、実害が及んでいる旨の報告と問い合わせをしても、木で鼻をくくったような定型文が送信されてきただけ。本当に腹が立ちましたね」

 現在、A氏のパソコンに頻繁に届く詐欺メールのひとつに大手通販サイト「Amazon」を騙ったものがある。

 とある日のメールの標題は「最終警告」。まず脅しにかかる、いかにも詐欺メールっぽいものだ。そして「Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました!」「あなたのアカウントは停止されました」とある(写真参照)。

「そもそもAmazonプライムに加入していないので、詐欺であることは明らかなのですが、これがタイトルや文面を変えて、毎日毎日、何種類も着信しています」(A氏)

 その文面には、次のように書かれてある。

〈誰かがあなたのAmazonアカウントで他のデバイスから購入しようとしました。Amazonの保護におけるセキュリティと整合性の問題により、セキュリティ上の理由からアカウントがロックされます。アカウントを引き続き使用するには、24時間前に情報を更新することをお勧めします。それ以外の場合、あなたのアカウントは永久ロック〉

 そもそも発信元のメールアドレスが「amazon@zcdgp.cn」などと、@以下に意味不明なアルファベットが並ぶなど、本家Amazonにはありえないものだ。

 A氏からそのメールをもらって確認すると、文面のすぐ下には〈確認用アカウント〉と書かれたクリックスペースがあるので、実際にクリックしてみる。

 すると、Amazonの本物そっくりなロゴと共に、ログイン画面が登場し、メールアドレスあるいは携帯電話番号を入力することになっていた。これも本物のAmazonの画面にそっくりだ。ITライターが言う。

「こうしたものにホイホイと入力すると、悪質業者の思うツボです。本格的な詐欺画面へと進んでいき、あの手この手で恐怖心と不安を煽って金を払わせようとする。あるいは、さらなる個人情報を入力させる。全て無視して下さい」

 再びA氏が嘆息する。

「一度、漏れ出てしまった以上、アドレスを変更しない限りは、永遠に詐欺メールが届くのだと思います」

 なお、今回警告したニセAmazonメールには、タイトル、中身、発信元アドレスともに、何種類も存在しているので、気を付ける必要がある。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン