政治

北朝鮮「ミサイル乱射」で激変した「日本のシャブ売人」その驚愕実態とは?

 日本近海の危険アラートが鳴りやまない。22年に北朝鮮が実施した「弾道ミサイル発射実験」は、10月14日時点で27回を記録。船舶や航空機への直接的な被害こそ確認されていないが、東アジア周辺国にとって緊迫した状況が続いているのは事実だ。軍事アナリストが言う。

「北朝鮮は9月25日から10月13日までのわずか3週間弱で、8回もの『弾道ミサイル発射実験』を繰り返しています。しかも10月4日には、過去最長の飛距離4600キロを記録する弾道ミサイルが日本上空を通過しました。米軍基地のあるグアムまで届く射程を誇示して、日米韓の結束を牽制するメッセージと見られます」

 12日に巡航ミサイルの試験発射を視察した金正恩総書記は、「敵に再び送る明白な警告だ」と宣言したものだ。際限なくエスカレートする軍事的示威活動の果てには、17年以来7度目の核実験も秒読み段階に入ったとされる。

 一方、そんな北朝鮮の暴走の裏で変貌を遂げていたのが、日本の「シャブ売人」たちだ。

 関西地方の広域組織関係者が、イラつきを隠さずにまくしたてる。

「今、全国的にシャブの流通量が減っているんや。市場に出回っとらんから、元アイドルの逮捕以外に目立ったニュースはないやろ。コロナとロシアのウクライナ侵攻で途絶えたからな。だが、北のミサイル乱射で変わったんや…」

 果たしてミサイルとシャブの驚愕の因果関係とは? 発売中の「週刊アサヒ芸能」10月27日号が詳報している。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画