社会

「美味しんぼ」騒動で緊急アンケート“福島は今、こう思われている!”(2)遺伝的な影響を心配する声

 野口氏が、原因を解説する。

「事故直後の政府対応があまりに稚拙でした。行政の信頼は失墜し、誰が情報を出しても常に『隠蔽』の疑いを持たれるようになったのは、こうした結果でしょう」

 最新号では、山岡士郎と海原雄山が、

「真実を語るしかない」

「偽善は言えない」

 と、決意を新たにしている。もちろん、放射性物質は福島だけではなく、広域に拡散したことが“真実”だ。アンケートでは「福島を差別していない」という意見が半数以上を占める結果となったのだが、野口氏はこう分析する。

「逆に言うと、半分の人が福島について否定的な見方をしているということです。食べ物、住居、海産物、旅行の問題とか、何らかの形で福島を遠ざけようという傾向はありますよね。今回のようなことが続き、福島=放射能という図式が出来上がりました。作品は福島を否定的に捉える人を、より増やすという役割を果たしました」

 現在、放射能が原因で鼻血を出した福島県民が見当たらないことは、先週号で既報したとおりである。一方、将来の身体症状の有無ついては、14%が出ると考えていた。

「74%もの大多数は、慎重に検査を続けて判断してほしいと考えています。きわめて正常な捉え方かと思います」(野口氏)

 福島県では、これまで県民健康調査を行っているが、子供を持つ母親が、遺伝的な影響を心配する声は根強いものがある。

「確かに動物実験では放射線の遺伝的影響が出ていますが、実験はいくらでも照射して研究できるわけです。人間ではそういう実験はできず、調べられるのは広島・長崎でのケースです。何十万人も調べているのに、いまだに遺伝的影響は確認されていません。動物実験で出て、人間に出ないとは言い切れないのですけど、長期間にわたり、大多数の人間を調べて、遺伝的影響が確認できていないのが科学的な事実です」(野口氏)

 こうした健康問題で、常に持ち出されるのが、86年に起こったチェルノブイリの原発事故である。

「日本政府の対応は不十分でしたが、チェルノブイリでは完全に隠蔽されていました。何も対応できなかったので、2つの事故の放射線の影響を比べること自体がナンセンスです。日本では、牛乳などの基準値を1ケタ以上低く設定しています。甲状腺で見るとチェルノブイリ周辺の子供に比べ、福島の子供の線量は1~2ケタ低いのです」(野口氏)

 山岡たちは、このことを「語るべき真実」だと思わないのだろうか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
沢尻エリカ、「片瀬那奈とクラブ満喫動画」の影響で「あの商品」に注目殺到!?
2
「ドクターX」、ついに歴代最低視聴率を更新で「あの肝煎りドラマ復活を!」の声
3
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(1)成長しないクラブ遊びと女王癖
4
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(2)ジャニタレ&山田孝之との“関係”
5
沢尻エリカがマジギレ!“ゼッタイ許せない女”を明かし視聴者から共感の嵐