政治

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「国税庁の『若者よ、酒を飲め』は愚策か」

 沖縄でバーを経営していますが、新型コロナのこともあって、大変です。アルコール業界は政治にないがしろにされてきたのに、急に国税庁が、若者を対象に日本産酒類の需要喚起に向けた提案を募るコンテスト「サケビバ!」を開催。さらに継続的に何かやっているようです。これ、お酒を扱う者としてはありがたいのか、微妙な中身です。

 これはメディアというか、評論家やジャーナリスト、インフルエンサーといった人たちが大いに注目している問題です。ひろゆきさんが真っ先に「日本酒の販売促進って国税庁がやる仕事?」とコメントしていたり、ロバート・キャンベルさんが「カツカツのヤング世代に『酒をもっと飲め!』と刷り込む前に『アルコール離れ』で実現する健康寿命の延伸、労働生産性上昇、医療費削減等で財源稼ぎにフォーカスした方がよくない?」と嘆いたり。

 もっと言えば、世界中から「日本は頭がおかしいんじゃないか」とバカにされている。私もこれについて「何もよりによって酒税の管轄の省庁がこんなイベントを主催するのは我田引水的に見えるし、若者の健康よりも酒税がほしいと批判が集まるのに」とコメントしたことがあります。

 要するに財務省、頑張っています。でも、国民には浸透してない。そもそも知っていましたか、このキャンペーン‥‥という話で。

 国によるキャンペーン告知のウェブサイトには「酒類業界の活性化や課題解決に資するプラン」と題して〈日本産酒類(日本酒、焼酎、泡盛、ビール、ウイスキー、ワイン、リキュールなど、酒の種類を問わない)に関連するもの〉と書かれてあります。

 その例としては〈若年層の需要喚起に向けた新たなサービスやプロモーション手法〉〈コロナ禍における新しい生活様式や嗜好の変化を踏まえた製品やデザインの提案〉など。

 アイデア募集は既に終了し、新たな展開を見せているようですが、どうも先行きがわからない。

 陳情者さんは優しいですね。お酒を扱う仕事をしていて、国がお酒もっと飲め飲め、と打ち出したら、ありがたいと考えそうなのに、こうも言っています。

「お酒は嗜好品です。飲みたい人が飲むのが正解だし、食事に合わせて楽しむもの。体を潤すために飲むものでもないし、飲みたくない人にムリヤリ飲ませるのはご法度です。コンパとか合コンとか、大学生が新歓でガブガブ飲む風潮もありましたけど、そんなのは昔の話。飲み過ぎは健康に悪いし、お酒による犯罪、失敗は世界中でも問題視されているんです」

 さて、このキャンペーンの目的のひとつは、こう書かれていました。

〈新型コロナウイルス感染症の影響による外食産業の落ち込みに伴う酒類消費の大きな減退に対応するため、酒類事業者による販路拡大、消費喚起につながる取組を支援します〉

 ひたすら時短や休業を強いるだけの凡策で全国の飲食店を崖っぷちへと追い詰め、さらには廃業に追い込んできたのは国ではなかったのですか。これまでさんざん飲食店を縛り上げてきた帳尻合わせがコレなのだとしたら、全くの噴飯モノでしょう。役人はお酒のことをわかっていませんね。

宮崎謙介(みやざき・けんすけ)◆1981年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、日本生命などを経て12年に衆院議員に(京都3区)。16年に議員辞職後は、経営コンサルタント、テレビコメンテイターなどで活動。近著に「国会議員を経験して学んだ実生活に即活かせる政治利用の件。」(徳間書店)。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ