社会

最終兵器はネズミ捕りのような捕獲器/二度連れ戻された「脱走ねこ」の物語(3)

 夜になって、末弟の保護猫、クールボーイをお世話してくれたMさんに連絡を入れた。

「クールがいなくなったみたい」

「どうしたの」

「午後、いや午前中かもしれないけど、ずっと姿が見えない。脱走したんだと思う」

「もしかして、窓や玄関を開けたままだった? ダメだよ」

「違う、違う。実は今、外壁の塗装をやっているんだけど、足場を組む時に工事の人が台所の出窓の網戸をずらして、その格子の間から飛び出したんだと思う」

「探してみた?」

「とりあえず近所や、ちょっと離れたところまで探しには行ってみたけど」

「いないかぁ…」

 Mさんの気が気じゃない様子が伝わってくる。

 どうやって見つけ出せばいいのか。初めての経験で皆目見当がつかない。

「どうすればいい? 何か探し出す方法はある?」

 Mさんはこれまで何匹も猫を飼って、経験豊富なので、良策を期待するしかない。

「クールボーイは懐かない猫ちゃんよね。抱っこさせないでしょ。見つかっても捕まえることができない猫(こ)はまた逃げちゃうから、いちばん難しいの」

「そうか、ダメか」

「でも、諦めないで」

 しかし、探し回るくらいしか、見つける方法が思い当たらないのだ。

「猫を捕まえるための大きな捕獲器があることは知ってる?」

「えっ!」

 初めて聞く話だ。

「それはどういう…」

「要するに、ネズミを獲る金網のカゴのようなもので、それをもっと大きくした金網のケージがあるの。それにカリカリとか好きな食べ物を仕掛けて、おびき出す」

「大きさは?」

「縦30センチ、横80センチくらいかな。ネットで検索してみて。猫、捕獲器で出てくるから」

 すぐに検索してみる。すると、金網の箱の写真がズラッと並んだ。動物用捕獲機、踏み板式、野良猫、迷い猫…。大きさは79×28×33センチ。Mさんの説明とピッタリ一致する。

「ある、ある。でも、使い方、わかるかな」

「大丈夫よ。とにかくやらなきゃ。ネットで取り寄せると時間がかかるかもしれないから、ウチにあるのを今からすぐ送る」

 Mさんも保護猫を世話した関係上、必死だ。その気持ちが伝わってきた。

「申し訳ない」

 Mさんとはすでに30年来の付き合いだ。連絡が途切れていた期間もあったが、Mさんが都内で経営しているブティックにたまたま立ち寄ったら、「保護猫、紹介します」というポップがレジに置いてあった。先住猫のジュテを飼っていたので(本サイト連載「ウチの猫がガンになりました」参照)Mさんと話がはずみ、最初の保護猫ガトー、次にクールボーイを紹介してくれたのだった。

 そしてその時、ふっと思った。仕掛けるといっても、どこに?

「そうよね。どこか見当はつかないの?」

「どこにいるかわからないからね」

「私も探してあげたいけど、ウチからは遠いものね」

「とにかく見つけ出さないことには、ということだね。夜中、朝も見て回るしかないか」

 ビールを飲みながら話をしたのだが、ちっとも酔った気がしない。

 連れ合いのゆっちゃんはMさんとの会話を聞いていたのだが、コトの重大さに深刻な顔をしている。

「私も探すから。その捕獲器って、Mさんのところからいつ届くのかしら」

「明日の午後か、夜かな」

「それまでに探そう」

 早々に、飲みは切り上げる。再びクールボーイを見つけるために、11月に入って冷え込みがきつくなってきた夜の住宅街に出かけたのだった。クールは寒空の中、どうしているのだろうか。

(峯田淳/コラムニスト)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す