社会

最終兵器はネズミ捕りのような捕獲器/二度連れ戻された「脱走ねこ」の物語(3)

 夜になって、末弟の保護猫、クールボーイをお世話してくれたMさんに連絡を入れた。

「クールがいなくなったみたい」

「どうしたの」

「午後、いや午前中かもしれないけど、ずっと姿が見えない。脱走したんだと思う」

「もしかして、窓や玄関を開けたままだった? ダメだよ」

「違う、違う。実は今、外壁の塗装をやっているんだけど、足場を組む時に工事の人が台所の出窓の網戸をずらして、その格子の間から飛び出したんだと思う」

「探してみた?」

「とりあえず近所や、ちょっと離れたところまで探しには行ってみたけど」

「いないかぁ…」

 Mさんの気が気じゃない様子が伝わってくる。

 どうやって見つけ出せばいいのか。初めての経験で皆目見当がつかない。

「どうすればいい? 何か探し出す方法はある?」

 Mさんはこれまで何匹も猫を飼って、経験豊富なので、良策を期待するしかない。

「クールボーイは懐かない猫ちゃんよね。抱っこさせないでしょ。見つかっても捕まえることができない猫(こ)はまた逃げちゃうから、いちばん難しいの」

「そうか、ダメか」

「でも、諦めないで」

 しかし、探し回るくらいしか、見つける方法が思い当たらないのだ。

「猫を捕まえるための大きな捕獲器があることは知ってる?」

「えっ!」

 初めて聞く話だ。

「それはどういう…」

「要するに、ネズミを獲る金網のカゴのようなもので、それをもっと大きくした金網のケージがあるの。それにカリカリとか好きな食べ物を仕掛けて、おびき出す」

「大きさは?」

「縦30センチ、横80センチくらいかな。ネットで検索してみて。猫、捕獲器で出てくるから」

 すぐに検索してみる。すると、金網の箱の写真がズラッと並んだ。動物用捕獲機、踏み板式、野良猫、迷い猫…。大きさは79×28×33センチ。Mさんの説明とピッタリ一致する。

「ある、ある。でも、使い方、わかるかな」

「大丈夫よ。とにかくやらなきゃ。ネットで取り寄せると時間がかかるかもしれないから、ウチにあるのを今からすぐ送る」

 Mさんも保護猫を世話した関係上、必死だ。その気持ちが伝わってきた。

「申し訳ない」

 Mさんとはすでに30年来の付き合いだ。連絡が途切れていた期間もあったが、Mさんが都内で経営しているブティックにたまたま立ち寄ったら、「保護猫、紹介します」というポップがレジに置いてあった。先住猫のジュテを飼っていたので(本サイト連載「ウチの猫がガンになりました」参照)Mさんと話がはずみ、最初の保護猫ガトー、次にクールボーイを紹介してくれたのだった。

 そしてその時、ふっと思った。仕掛けるといっても、どこに?

「そうよね。どこか見当はつかないの?」

「どこにいるかわからないからね」

「私も探してあげたいけど、ウチからは遠いものね」

「とにかく見つけ出さないことには、ということだね。夜中、朝も見て回るしかないか」

 ビールを飲みながら話をしたのだが、ちっとも酔った気がしない。

 連れ合いのゆっちゃんはMさんとの会話を聞いていたのだが、コトの重大さに深刻な顔をしている。

「私も探すから。その捕獲器って、Mさんのところからいつ届くのかしら」

「明日の午後か、夜かな」

「それまでに探そう」

 早々に、飲みは切り上げる。再びクールボーイを見つけるために、11月に入って冷え込みがきつくなってきた夜の住宅街に出かけたのだった。クールは寒空の中、どうしているのだろうか。

(峯田淳/コラムニスト)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
巨人・丸佳浩に原監督の「冷酷ダメ出し」崖っぷち外様の悲哀
4
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに