芸能

関根勤も絶賛する「テキトー男」高田純次と明石家さんまの「共通点」

 高田純次といえば、「ミスター無責任」「テキトー男」を貫く愛されキャラで知られるが、お笑いコンビ「オズワルド」の伊藤俊介が10月23日放送のラジオ番組「UR LIFESTYLE COLLEGE」(J-WAVE)に出演した際、そんな高田の凄さを語る場面があった。

 伊藤とパーソナリティーを務める女優・吉岡里帆がトークを展開するなか、「M-1」の話題の中で上沼恵美子が審査員を降りるという話に。東京出身の伊藤は上沼についてそこまで知らなかったが、先ごろ関西ローカルの「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)に出演した際、「収録中に涙出るぐらい笑っちゃって。やっぱバケモンですね」と、上沼の圧倒的なキャラの強さを認識したと明かした。

 一方、その上で収録時は「上沼さんがしゃべり始めると誰も入っていけないんですけど、高田純次さんだけは上沼さんがブワーって喋るのに話止めて、『ねえねえ』って(上沼の)肩叩いて。あの関係性もすごい」と、上沼の相方を務める高田の凄さも語っている。

 そんな高田の「クギヅケ」での存在感は、モグライダー芝大輔も自身のユーチューブチャンネルで語っている。そこでは上沼がしゃべり倒して次の弾を込めるまでの「つなぎ」を高田が務めていると分析され、「その日の上沼さんのベストパフォーマンスを100で見せるために絶対に必要なポジション」「高田純次さんの鋼鉄の心臓がないと無理」とも評価されている。

 制作会社関係者も高田について「70歳を超え、あの『テキトー』さにますます磨きがかかっている」として、称賛を惜しまない。

「10月21日放送の『人志松本の酒のツマミやあらへんで』(フジテレビ系)にゲスト出演した王林は、ある番組で大御所のマジシャンがマジックに失敗して微妙な空気になった際、高田が『今の失敗したよね』と突っ込んだことで雰囲気が良くなり、マジシャンもマジックをやり直して成功。失敗を指摘する勇気とその後の空気づくりを絶賛していました。また関根勤も自身のYouTubeチャンネルで『あの人には勝てない』として、『明石家さんまと同じで“表”しかない』と、あのテキトーさやいい加減キャラは作っているのではなく、天然であることを明かしています。バラエティー番組を作るにあたっては、ここぞという時に出演をお願いしたくなる唯一無二のコメディアンですよ」

 高田が長きにわたって芸能界で生き続けられる理由が分かる。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
とんねるず・石橋貴明が大谷翔平のドジャース・キャンプを訪問したらスター選手が興奮熱狂!その理由は…
2
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
3
日本ハムで「清宮幸太郎不要論」が増幅中!キャンプ故障不在で「戻ってきても居場所が…」
4
高橋英樹の「新幹線座席の選び方」に鉄道専門家が唸った!「9号車中央右側」は喫煙ルーム廃止でどうなる
5
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応