芸能

業界人必読!芸能美女のトリセツ〈歌手・アーティスト編〉(1)松田聖子に「ぶりっ子」は禁句

 昭和、平成と日本のヒットチャートを賑わせた歌姫たち。マイクを突き合わせて火花を散らしたレポーター陣が明かした「取材マニュアル」の中身とは?

「なんで私のところだけに来るのよ!」

 空港に響き渡った怒声の主は松田聖子(60)。怒鳴られた経験を語るのは芸能レポーターの川内天子氏だ。コトの顛末を語るには、

「80年代のワイドショー全盛期、カメラマンと一緒に芸能人を空港で待ち受けるのはレポーターの仕事でした」

 空港の動く歩道に乗る芸能人、それを大勢の取材陣が追いかけるシーンをご記憶の向きも多いのではないか。川内氏が続ける。

「空港で直撃を受けても、聖子さんは真っすぐ前を向いて知らんぷりするのがいつものパターン。でもある時、たまたま情報をつかんだ梨元勝さん(故人)と私2人だけで待ち構えていたら、そこに聖子さんがやって来たんです。そこでマイクを差し出したら、珍しく声を荒らげて怒ったんです。両手を広げて猛抗議する姿に、梨元さんはタジタジ。セルフプロデュース能力に長けて、常に見られることを意識してきた聖子さんですが、感情を露わにしたのはこの時だけでした」

 芸能レポーターの石川敏男氏も聖子の扱いに手を焼いた一人だ。

「郷ひろみとの破局会見では『生まれ変わったら一緒になろうね』なんて歴史的な名セリフが飛び出したけど、あまり会見を開かないという印象。映画や新曲がらみの会見でも『プライベートなことは聞かないで』というのが基本スタンスだったね」

 時代やルールも変わって、カメラが芸能人を追いかける映像を見る機会は激減したが、聖子を街で見かけても、いたずらに声をかけるのは慎むべきか。

 聖子は「元祖・ぶりっ子」の称号でアイドルブームを牽引したが、今ではこの語は“禁句”になりつつある。背後に何があったのか。

 ドラマ関係者が明かす。

「13年放送のNHK朝ドラ『あまちゃん』で、小泉今日子が『ぶりっ子って言葉の語源は聖子ちゃん』と語るシーンがあるのですが、DVD版でカットされたんです。これには『ぶりっ子』と呼ばれることを快く思わない聖子サイドから、何らかの干渉があったのではないかと言われ、本人へのインタビューはもちろん、関係のない番組でも『ぶりっ子』のワードはタブー視されつつあります」

 ぶりっ子キャラは「SWEET MEMORIES」にあらず!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す