スポーツ

森保続投も!サッカー日本代表「次期監督選び」に「動きなし」の深刻内部事情

 資金難なのか、それとも人材難なのか。サッカー次期日本代表監督選びが、早くも暗礁に乗り上げている。

 長年、日本代表を取材してきたベテランのサッカーライターが言う。

「これまでの慣例では、ワールドカップの本大会が始まる前には、次期監督選びが煮詰まっているのが普通です。でも今のところ、日本サッカー協会に、そんな動きはない。明らかに後手に回っています」

「FIFAワールドカップカタール」は11月20日にスタートし、12月18日には決勝戦を迎える。優勝経験のあるドイツやスペイン、南米のコスタリカと同じE組に入った日本は苦戦必至で、グループリーグ敗退の可能性は高いだろう。大会が終わればカナダ、アメリカ、メキシコの3カ国が共催する26年大会に向けて、年明けには新たな代表監督を決めなくてはいけない。

 通常、代表監督は反町康治氏が委員長を務める日本サッカー協会の技術委員会が候補者を選考して一本化し、田島幸三協会会長に意見を上げる。田島会長はそれを元にして理事会を開き、代表監督が決まる流れになっている。

 サッカー協会内にはこれまで国内外、国籍を問わず代表監督候補のリストが存在すると言われている。そのリストには、今回のW杯後に他国との契約が終了する名将たちの名前も含まれる。過去にもそんなリストの中からフィリップ・トルシエ、イビチャ・オシムやジーコ、ヴァヒド・ハリルホジッチ、アルベルト・ザッケローニといった人材を、代表監督に招いている。

 だが、時代は変化していると、スポーツ紙サッカー担当デスクは解説する。

「以前はサッカーの代表人気が高く、協会の財政は潤っていた。そのため、外国人の代表監督には、年俸に加えて日本滞在費などの経費を含め、年間数億円単位の金がかかっていたのです。今、協会の財政を考えれば、それは厳しい」

 森保一監督のようなJリーグ監督経験を持つ日本人なら比較的年俸が安い上、家賃などの経費はいらない。だが名古屋グランパスの長谷川健太監督、川崎フロンターレの鬼木達監督ぐらいしか、後任候補者が見当たらないのも現状だ。

 カタール大会の結果によっては、森保監督続投の選択肢もあるらしい。だがもたもたしているうちに、安価な名将を逃がすことになりかねないのだ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
巨人・丸佳浩に原監督の「冷酷ダメ出し」崖っぷち外様の悲哀
4
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに